2017.04 Lam Lam Tours around Guam Island

グアム島一周の旅(ラムラム)はマラソン大会の下見にもおすすめ

|

2017年4月のグアム旅行記です。

ラムラムツアーズのオプショナルツアー「グアム島一周の旅・昼食付き」に参加しました。

観光ポイントの見どころ、感想などをまとめています。

スポンサーリンク

ユナイテッド・グアムマラソン2017

グアムに慣れてきた3日目の朝、7時45分(早起き苦手)。。。

ホテルニッコーグアム宿泊の私たちは、送迎車に一番最初にピックアップされました。

PIC

各ホテルで参加客をピックアップしながら(といっても私たち以外にはファミリーが1組乗り込んできただけですが)PICへ到着。

車が集合時間より30分弱早く着いてしまったということで、PICでしばらく時間を過ごすことになりました。

PIC

本日はくしくも、PICが主催で4月9日に開催される「ユナイテッド・グアムマラソン」の前日ということでした。

PIC

ランナーの方はPICのこの場所で記念撮影しているそうですよ。

4月のグアムはなにげにマラソンが熱いのですね。

マラソンツアー

ガイドさんが見せてくれた、マラソンツアーのパンフレットです。

パンフレットを見てみると、一年中世界のどこかでマラソン大会が開催されている状況でした。

ガイドさんが言うには、グアムではマラソンコースの下見を兼ねて「グアム島一周の旅」に参加する人がいるそうです。

グアムの虹

PICの参加者をピックアップし、車が走り出すと車窓から虹が見えました。

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

最初に訪れたのは、太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )です。

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

入場後、8分間のビデオ上映がありました。

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )を訪れたのはこれで2回目ですが、映像を見たのはこれが初めてでした。

映像の内容はグアムから見た日本というのが分かるもので、見れて良かったです。

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

しばらく自由時間があり、展示やギフトショップを見たりして過ごしました。

トイレもありました。

女子トイレは普通でしたが、男子トイレは小便器の取り付け位置がやたら高かったようで、夫がびっくりしていました(笑)

詳細記事の紹介

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )の詳細解説

ガアンポイント

ガアンポイントは、日本占領中のグアムにおいて米軍が攻めてきた激戦地です。

ガアンポイント

訪れてみるとチャモロ人でしょうか、地元の人がガアンポイントで結婚式を挙げているのを見ることができました。

日本軍の大砲が置かれた場所での結婚式というのは、観光客からすると不思議な光景ではあります。

ガアンポイント

海はとてもきれい。

心の中でお幸せにーと言いながら、その場を後にした一同でした。

詳細記事の紹介

ガアン ポイント ビーチパークの詳細解説

スペイン古橋(車窓)

スペイン古橋

スペイン古橋は、車窓から。

となりにスーパーがあり、何気に「オールド・スパニッシュ・ブリッジ・マーケット」という名前なのが、あやかってる感じで面白かったです。

詳細記事の紹介

スペイン古橋の詳細解説

ニッコーグアムマジックディナーショー「カーメ」

物干し竿みたいな長い棒を持った現地の女性。

木になったマンゴーを落としているところだそうです。

ソレダット砦

ソレダット砦

ソレダット砦は、スペイン統治時代に交易船を海賊から守るために築かれた砦の跡地です。

ソレダット砦

グアム南部独特の美しい景観を見られる場所として知られています。

ソレダット砦

ソレダット砦には、水牛を連れた名物おじさんがいるはずなのですが、今回はいませんでした。

代わりに?野生の水牛を見つけることができました。

詳細記事の紹介

ソレダッド(ソレダット)砦と水牛おじさんの詳細解説

熊岩(車窓)

熊岩

熊に見える岩があるスポットを通過。

角度を間違えると熊に見えません(笑)

道路と駐車場だけがあるような場所ですが、地元の人が釣りなどを楽しんでいました。

詳細記事の紹介

熊岩(ベアーズロック)の詳細解説

タロフォフォの滝&横井ケーブ

タロフォフォの滝公園

タロフォフォの滝公園は、今回一番楽しみにしていた場所です。

雨天の場合は見学が省かれてしまうこともあるそうなので、晴れの天気に感謝。

タロフォフォの滝公園

タロフォフォの滝へはケーブルカーに乗っていきます。

タロフォフォの滝公園

滝側から見たケーブルカー、2台あります。

タロフォフォの滝公園

タロフォフォの滝は第一の滝と第二の滝があり、最初に見たのは第二のほうでした。

(後で第一の滝も見に行きました。)

タロフォフォの滝公園

ジャングルを歩いていくと、横井ケーブがあります(実物ではなく、再現した模型図ということです)。

タロフォフォの滝公園

横井ケーブというのは、終戦を知らないまま、グアムの山中に28年間も潜伏し、奇跡的な生還を果たした元日本兵・横井庄一さんが生活した洞穴のことです。

グアムでは「日本の英雄・横井庄一」と紹介されていますが、今の日本人の感覚とはズレているような気がしないでもありません。

今回は施設の一部だけの見学となりましたが、公園内には遊園地や射撃場などの施設もありました。

グアムのティーン

ランチタイムとなり、グアム南部から街中へ戻ってきました。

道路には「カーウォッシュ」の看板を掲げた子供たちがいました。

これは、グアム流の子供のおこずかい稼ぎらしいです。

グループになって、部活での遠征費用などを集めているそうですよ。

オンワードのレストラン「ル・プルミエ」で昼食

オンワード

オンワードのビュッフェレストラン「ル・プルミエ」で、ランチの席がキープされていました。

「ル・プルミエ」は宿泊客などで大盛況、味も美味しかったです。

オンワード

ランチの後、オンワードのロビーを散策。

ウォーターパークで25周年記念のキックオフパーティーが開催されていました。

オンワードは今年で25周年を迎えるそうです。

ちょっと参加してみたかったです。

南太平洋戦没者慰霊公苑

グアム北部

ランチ後、車はグアム北部へ向けて走ります。

このあたり、グアム北部のジーコという地域はフィリピンからの移民が多く、お店もフィリピン系が多いそうです。

南太平洋戦没者慰霊公苑

南太平洋戦没者慰霊公苑にやって来ました。

1944年に旧日本軍が米軍に追い詰められ、司令官たちが責任をとって自決した場所だそうです。

合掌する手がモチーフの慰霊塔が立っている静かなところでした。

南太平洋戦没者慰霊公苑

中には入れませんでしたが「平和寺」というお寺があり、中には千羽鶴などが安置されていました。

恋人岬とカフェ「テラザ」

恋人岬2017

最後はグアム観光の定番恋人岬。

私たちは毎年のように恋人岬に来ていますが、2017年の恋人岬はちょっと違う。

飾りつけが派手になっていました。

展望カフェ「テラザ」

恋人岬に新しくできた展望カフェ「テラザ」です。

「グアム島一周の旅」では、恋人岬の展望台を満喫した後、テラザでアイスティーを飲むことができます。

今回はここに来るのも目的の一つでした。

展望カフェ「テラザ」

カラマンシーアイスティーを飲みながら眺める恋人岬は格別でした。

この後ホテルへ送迎となり「グアム島一周の旅」が終了しました。

見てみたかったタロフォフォの滝や新しくできた恋人岬のカフェ「テラザ」に行けて大満足でした。

それから、気になる情報をゲットしました。

トシちゃん(田原俊彦)がファン150人を連れてグアム入り。

明日、ザ・ビーチのBBQ会場でコンサートするそうです。

ホテルニッコーグアム宿泊の私たち、トシちゃんを目撃するチャンスがあるかもしれません。

<2017年4月ホテルニッコーグアム旅行記14>

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る