How to use of credit card in Guam

グアム旅行にクレジットカードは必須?利用時の注意点とおすすめ3枚を紹介

|

クレジットカードは海外旅行に必須といわれるアイテムです。

ことグアム旅行においても例外ではなく、クレジットカードなしでは困る場面があります。

ここでは、グアムでの上手なクレジットカードの使い方と注意点、海外旅行向けのおすすめのクレジットカードの紹介をします。

スポンサーリンク

グアムでクレジットカードが必要な理由

ショッピングで多額の現金を持ち歩かなくてすむので安全というのが一般的なメリットです。

万一所持金が底をついた場合も、クレジットカードがあればキャッシングで対応できるうえ、換金レートは一般の両替よりお得ときています。

そして、「買い物は現金派、キャッシングは絶対しない」という人でも、残念ながらクレジットカードを持っていないと困る場面があります。

ホテルのチェックインやレンタカーを借りる際に提示を求められることがあり、クレジットカードを持っていないと高額のデポジットを徴収されるケースがあるのです。

日本以上にカード社会のアメリカでは、クレジットカードは「社会的な信用を表す身分証」となるので、所持していないことで不利益を被る可能性がありますので注意が必要です。

ショッピング利用時の注意点

ブランドによっては使用できない場合もある

グアムで普及率が高いカードは、一番がVISA、次いでMASTER、その他JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズなどです。

しかし、店舗によって特定のブランドに対応していないことがありますので予備のカードを用意しておくことをおすすめします。

最低でも「いつもメインに使用しているカード+VISAカード」の2枚あれば安心できるかと思います。

JCBカードはグアムではOK

一般に日本のブランドなので海外では使いにくいといわれるJCBカードですが、日本人観光客の多いグアムでは加盟店が多く、JCBカードで決済すると割引になったりプレゼントがもらえる店舗もあります。

(詳細はJCBの「たびらば(旅LOVRE)」で確認できます)

また、グアムにあるJCB会員専用の「JCBプラザラウンジ・グアム」では、旅行に役立つサービスを受けることができるので、所持している人は忘れずに持っていったほうがお得ですよ。

利用時に身分証の提示を求められることがある

必ずではありませんが、クレジットカード利用時にパスポートの提示を求められることがあります。

私の体験ではJPスーパーストアでパスポートの提示を求められたことがあります。

あいにくパスポートは持っていなかったので伝えると、店員に「same name card?(同じ名前の書いてある別のクレジットカードあるか)」と訊かれました。

それで、たまたま持っていたもう一枚のクレジットカードを見せて会計してもらったことがあります。

やはり、グアムでクレジットカードは2枚以上必要だと思った出来事でした。

クレジットカードは暗証番号のわかるものを

旅行用に普段使ってないクレジットカードを引っ張り出したら、暗証番号がわからなかったなんてことがありそうですよね。

経験上、漢字サインでOKだったことがほとんどですが、読み取り機とカード会社の相性?(詳しくはわかりませんが)で、暗証番号(PINコード)が必要になる場合もあります(ATM利用時は必須)。

クレジットカードは暗証番号のわかるものを持っていきましょう。

まとめとして、グアム旅行ではクレジットカードは2枚以上用意することを推奨します。
(私はいつも「VISA+MASTER+JCB」の3点セットを用意します。)

海外旅行向けのクレジットカード

クレジットカードを1枚も持っていないのなら、グアム旅行が取得の良い機会です。

海外旅行向けのクレジットカードとしておすすめなのは、無料で海外旅行保険がついてくるクレジットカードです。

海外に行くときは必ず有料の海外旅行保険に加入するのがベストですが、グアム旅行の場合は比較的治安が良く宿泊日数も短めだったりするので、加入に躊躇する人も多いのではないのでしょうか。

一方、グアムの医療費はかなり高額で、もしグアム旅行中に風邪で病院にかかった場合、$150もとられてしまうのだそうです。

そんなとき、心強いのがクレジットカードに付帯する無料の海外旅行保険になります。

カードに付帯する海外旅行保険の基礎知識

自動付帯と利用付帯

クレジットカードに付帯する海外旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類のタイプがあります。

利用付帯の場合、旅行代金(または代金の一部)をそのカードで支払っていないと保険が適用されません(ちなみに、楽天カードについている海外旅行保険は利用付帯になります。)。

一方、自動付帯の場合は、カード一度も利用したことがなくても、旅行先に持っていかなくても自動で保険が適用されます。

クレジットカードを保有しているだけで海外旅行傷害保険が付くのですから、持たない手はないということになります。

海外旅行保険においては自動付帯のクレジットカードを選ぶのが得ということを覚えておいてください。

海外旅行保険の保証金額は合算可能

海外旅行保険が付帯する複数のクレジットカードを持っている場合、「傷害死亡」「傷害後遺障害」については、持っているカードの中の最高額が適用されます。

それに対し、それ以外の補償(「傷害治療」「疾病治療」「賠償責任」「携行品被害」「救援者費用」)については保障金額を合算することができます。

もちろん、実際にかかった費用が上限ではありますが、持っていれば持っている分加算されるので、クレジットカードを複数持つ意味が出てきます。

その際、カード発行会社(カードの裏面に書いてある「お問い合わせ先」)が重複すると、保険金が加算されない場合がありますので、ダブらないように持つのがポイントです。

おすすめのクレジットカード

年会費が無料にもかかわらず、海外旅行保険が自動付帯となっているクレジットカードは、条件がお得なため発行されている種類は多くなく、年々減少傾向にあります。

ここでは「年会費無料+自動付帯」の王道といえる3枚の代表的カードを紹介しますが、海外旅行保険メインで選んでいるため、ポイントの還元率は特に高いものではありません。

エポスカード

エポスカードは首都圏に展開するファッションビル・マルイのカードです。

WEBで申し込むこともできますし、お近くに店舗があれば店舗で作成することもできます。

死亡・後遺障害の金額は高くありませんが、傷害治療費用と疫病治療費用の金額の高さは年会費無料のカードの中ではトップクラスとなっています。

また、海外ATMで現地通貨キャッシングする際、初回利用日の翌日から最大30日間金利が無料になる特典が付いているので、海外キャッシングデビューにも最適です。

年会費無料
国際ブランドVISA
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
救護費用100万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
キャッシュレス診療

公式サイト:年会費永久無料!エポスカード

JCB EIT

JCB EIT(エイトカード)は、リボ払い専用カードなので使い方には注意が必要ですが、死亡・後遺障害の補償額が2000万円に設定されており、家族会員も同様の補償が受けられるので、海外保険専用に持っていると安心な1枚です。

年会費無料
国際ブランドJCB
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害2000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
救護費用100万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
キャッシュレス診療

公式サイト:JCB EIT

REX CARD Lite

REX CARD Lite(レックスカードライト)は、還元率が1.25%で同様のカードより高いです。

家族カードも無料、死亡・後遺障害の補償額が2000万円、傷害治療費用と疫病治療費用が200万円と海外旅行保険の補償額もバランスよく充実した1枚です。

年会費無料
国際ブランドVISA
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害2000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救護費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
キャッシュレス診療

公式サイト:REX CARD Lite

まとめ

海外旅行になくてはならないクレジットカード、グアム旅行でも上手に活用して快適な旅にしましょう。

海外旅行保険付きのカードはお守りとして持っておくと安心ですね。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る