Guam Voltage & Electrical Outlet

グアムの電圧と電源コンセント~充電に変圧器と変換プラグは必要?

グアムのコンセント・プラグ形状、電圧と電源について解説します。

また、グアム旅行中スマホやデジカメの充電で変換プラグや変圧器は必要か?

グアムであると便利な充電グッズや海外仕様の電化製品についてお伝えします。

スポンサーリンク

グアムの電圧と電源の基本情報

グアムの電圧と電源については、グアム政府観光局の見解がありますので最初に紹介します。

電圧と電源 - 日本とは電圧が異なります -

【電圧】

グアムの電圧は110〜120ボルト・60サイクルです。
(日本は、100ボルト・50または60サイクル)
100ボルト仕様の日本の電化製品も短期間であれば使用可能ですが、故障や火災の原因にもなりますので、アダプター(変圧器)を使用するようにしてください。
ほとんどのホテルにはドライヤーが完備されています。
電圧の違いにも対応する海外旅行用のものを用意すれば安心です。

【電源】

グアムのコンセントは3穴になっていて、日本のプラグでも使用することができます。
ただし、電圧は異なりますのでご注意ください。

引用元:グアム政府観光局

グアムのコンセントの形状について

先でグアムのコンセントは3穴と紹介されていますが、実際には3穴と2穴の2種類があります。

だだし、どちらにせよ日本のプラグで使用することができますので問題はありません。

念のため記述しますと、コンセントは壁側の穴、プラグはコードの先についている部分のことです(コンセントを抜くとか言うので、私はたまに混乱してしまうことがあります)。

つまるところ、グアム旅行にあたっては変換プラグは必要ありません(楽)。

ちなみに、変換プラグというのはこんな感じの商品です。

出典元:amazon

グアムでは不要ですが、他の国も旅行する予定のある方は検討してみてください。

変圧器は必ずしも必要ではない

日本とグアムでは電圧が異なります。

そのため、電化製品使用においてざっくり「短時間使用→OK。長時間使用(故障するかも)→変圧器推奨」と解説されていることが多々あります。

でも実際のところ、グアムで本当に変圧器が必要なケースは少ないんです。

今どきのスマホやデジカメなどは海外でも充電できるように設計されているものが多いからです。

まずは、グアムで使いたい電化製品の充電器の電圧をチェックしてみてください。

「INPUT:100-240V 50-60Hz」と表示があれば海外でも使用OK!

変圧器を検討するのはそのあとでも遅くはありません。

下記にいくつか例を挙げてみますね。

iPhoneの純正充電器はグアムで使える

iPhoneの純正充電器

日本人に人気のiPhoneは、電波が届く地域であれば世界中で使用可能です。

iPhoneの純正充電器は「100-240V 50-60Hz」対応なのでグアムで使うことができます。

(グレーの部分に小さな文字で印字がありますので確認してみてください。)

デジカメの充電器を確認

リチウムイオン電池

リチウムイオン電池を充電するタイプのデジカメです。

充電器の裏に「100-240V 50-60Hz」の表示があり、海外で使用できることがわかります。

ちなみに、充電済みのリチウムイオン電池(自分のデジカメに適合するもの)を複数持っていれば、グアムに充電器を持っていく必要はないと言えますが、リチウムイオン電池は思いのほか高額という点でおすすめはしません。

デジカメ充電器

こちらは、本体にコードをつないで充電するタイプのデジカメです。

ACアダプターに「100-240V 50-60Hz」の表示があり、海外で使用できることがわかります。

ニンテンドーDSはどうだろう

ニンテンドーDS充電器

お子様が(大人も!)大好きなニンテンドーDS。

ACアダプターに「100-120V 50-60Hz」と記載がありました。

これは高電圧の海外では使用できませんが、電圧110〜120ボルトのグアムでは使用することができます。

全体的な傾向として、個別の製品が海外対応になっているため変圧器の出番は少なくなっています。

便利な充電グッズ

旅行時に、家族と電源の取り合いになるのを解消する(笑)便利な充電グッズを紹介します。

コンセントの差込口を増やすタップ

出典元:amazon

ホテルの客室のコンセントの数は限られています。

複数機器を同時充電できるように、コンセントの差し込み口を増やせるタップを持参すると便利です。

上は高電圧対応の海外用電源タップで、コンセントが3口ついています。

USB端子に対応したACアダプター

出典元:amazon

デジタル家電の中にはUSB充電のものも多くありますが、基本的にホテルの部屋にはUSB端子がありませんので、ACアダプターが必要になります。

上はUSBで4つの機器が充電できる海外旅行用充電器です。

便利な変圧器

出典元:amazon

変圧器の中でUSBポート、コンセント、変換プラグがついた便利な商品を紹介します。

(ただし、こちらの商品はドライヤー使用には不対応です。)

グアムのドライヤー

グアム政府観光局の見解にある通り、グアムのほとんどのホテルでドライヤーは完備しています。

しかも日本のビジネスホテルより、グアムのホテルのドライヤーのほうが風が強く(電圧が高いから?)しっかり髪を乾かすことができます。

ただし、グアムのドライヤーは風が弱いという書き込みを見ることもありますので、ホテルのグレードなどによって差があるのかもしれません。

心配な人は海外対応のドライヤーを検討してみてください。

海外対応ドライヤー

出典元:amazon

海外対応くるくるドライヤー

出典元:amazon

海外対応ヘアアイロン

出典元:amazon

ドライヤーはともかく、ヘアアイロンについては必要な場合日本から持っていくしかないです。

まとめ

以上、グアムにおける電源(コンセント・プラグ)と電圧と必要機器についてまとめました。

最低限、日本で使用している充電器だけは忘れないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る