Guam Area Map Navigation

グアム島まるわかり解説~全島地図とエリアガイド

グアム島ってどんな島?

グアムの地理情報と地域別の特徴や見どころをエリアマップと共に解説します。

スポンサーリンク

グアム島の地理

グアム島は日本から南東へ約2500km、東に太平洋、西にフィリピン海が広がる常夏の島で、マリアナ諸島の南端に位置しています。

島の長さは約48km、幅約14~20kmと細長く、面積は淡路島とほぼ同じ550㎢。

地球儀で見ると極小ですが、ミクロネシアでは最大の島です。

グアム島

また、グアム島が属するマリアナ諸島は推定約700万年前の火山爆発によって誕生し、珊瑚礁が地盤とともに盛り上がった隆起サンゴの島々で構成されています。

グアム島エリアマップ

グアムには全部で19の自治体があり、「村(village)」と呼ばれています。

各村では年に一度フィエスタと呼ばれるカトリックの伝統行事を行う風習があります。

グアム島

滞在の拠点となるのは、島の中央部のタモン(タムニンに含まれる)周辺で、このエリアから出ることなく過ごす観光客も多いと思われます。

しかし、グアムは小さな島ながらも、北部と南部とでは風景や植物、島民のライフスタイルや言葉の響きなどが大きく異なっているそうです。

日本も島国なので、一応理解できることではありますね。

ここでは、グアムを北部、中央部、南西部、南部の4つのエリアに分け、エリアごとの特徴を解説します。

グアム北部

海へ垂直に落ちるように切り立った崖が多いのが特徴の北部。

グアム島

ジーゴ

最北に位置する村で、大部分がアメリカのアンダーソン空軍基地になっています。

また、手つかずのジャングルが広がり、美しいビーチが点在することでも知られています。

観光客には最北端の岬であるリティディアンビーチが有名です。

デデド

広大な平地が広がる村で、島で最大の人口を誇っています。

タモンに隣接するデデドの南側には、グアムで一番有名な景勝地である恋人岬や、最大級のショッピングモール、マイクロネシアモールがあります。

美しいプライベートビーチ、ココパームガーデンビーチがあるのもここデデド。

土日に開催されるデデドの朝市も見逃せない観光イベントです。

グアム中央部

グアム中央部は、グアムで最も華やかな観光の中心地です。

グアム島

タモン

一日中観光客でにぎわう、グアムで一番の繁華街タモン。

タモン湾に沿ってリゾートホテルが立ち並び、ホテルロードと呼ばれる大通りには免税店やレストラン、アミューズメント施設が建ち並び、人足が絶えない場所です。

短い滞在であれば、タモン地区だけでも十分満足できるくらいに充実しています。

特に、タモンの北側は「プレジャーアイランド」と呼ばれ、観光客は必ず立ち寄るエリアになっています。

タモンの主な観光地

タムニング

島で一番の商業地域で、高級住宅地のあるエリアとして知られているタムニング。

タモンを通るホテルロードと、ハガニアへつながるホスピタルロードが交わるロータリーの中央にはフローレス大司教の像が建っています。

グアム最大のアウトレットモール、グアムプレミアアウトレットKマートがあるのもこの場所。

ハガニア湾沿いにはリゾートホテルが建ち並び、タモンに続く第二のホテル街となっています。

また、近くにはグアムの表玄関であるグアム国際空港があります。

マンラギオ

島の東側に位置する、観光客にはそれほどメジャーではない場所。

西太平洋唯一の大学、グアム大学がある学園村です。

グアム南西部

グアム南西部はグアムの主都であるハガニアと、美しいビーチと戦跡が同居するアサンやピティを含むエリアです。

グアム島

ハガニア

グアムの政治経済・行政の中心地である首都。

スペイン統治時代の宗教、政治、文化の中心地として栄えた街で、当時の面影をしのばせる名所旧跡が数多くあります。

チャモロビレッジがあるのもこのエリアで、毎週水曜夜に開催されるナイトマーケットには観光客も多数訪れ賑わいをみせています。

ハガニアの主な観光地

アサン

アサンはアデラップ岬からアサンビーチかけてのエリアで、太平洋戦争時の日米の激戦地として知られています。

アデラップ岬にはガバナーズオフィスがあり、展望台のラッテオブフリーダムは景勝地として知られています。

海沿いには戦争犠牲者を慰霊する国立歴史公園アサンビーチがあります。

ピティ

ピティはミクロネシア最大の港であり、グアムの商業港とアメリカ海軍基地をあわせもつアプラ港を擁するエリアです。

湾内は波も静かで、ダイビングをはじめとするマリンスポーツのメッカにもなっています。

太平洋戦争時の爆弾でできた海底の穴「ボムホール」には、フィッシュアイマリンパーク海中展望塔があり、一帯はグアムの自然保護区になっています。

グアム南部

グアム南部は風光明媚な村々が集まるのんびりとしたエリアです。

グアム島

ウマタック

ウマタックは人口が1000人に満たない、グアムで一番小さなコミュニティといえる村。

小さな村ではありますが歴史は古く、探検家のマゼランがはじめてグアムへ足を下ろした地といわれることから、マゼラン上陸記念碑が立っています。

観光地としては、スペイン統治時代に築かれたソレダッド砦が有名で、この砦には海賊から交易船を守るために建造されたという歴史があります。

メリッツォ

メリッツォはグアム最南端、奇跡の青と呼ばれるココスラグーンに面する村でもあります。

ココスラグーンは豊かな漁場として大切にされ、チャモロ文化独特の伝統漁法が受け継がれてきました。

スペイン統治時代の面影を今に残す史跡もあり、マリンスポーツが楽しめるココス島へ渡る拠点でもあります。

イナラハン

イナラハンは村のほとんどが歴史保護区になっている由緒ある土地です。

太平洋戦争で大きな被害を受けなかったため、スペイン統治時代の面影が色濃く残っています。

聖ヨセフ教会、イナラハン天然プール、熊岩(ベアーズロック)が名所です。

タロフォフォ

丘陵地帯に広がる村。

元日本兵の横井庄一さんが戦後28年間潜伏していたことで知られています。

グアム最大の滝タロフォフォの滝が名所です。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る