Guam Beach Fashion

グアムのビーチに最適な服装と水着~日焼け対策とムラサメモンガラに注意

グアムのビーチに最適な服装と水着について、日本とグアムの水着の特徴、グアムのロコブティックの店舗、日焼け対策に適したラッシュガードの選び方、足元を守るマリンシューズに関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

水着は日本とグアムどっちで買うべきか?

水着をグアムで現地調達するのはアリですが、1着は日本から持って行ったほうが良いです。

体形カバーなら日本の水着

胸を寄せてあげたいとかお腹とお尻はカバーしたいとか、水着に体形補正を望むなら多少お値段が張っても日本の水着がベターです。

洋モノの水着はデザインは良いですが、布の面積は少なめで露出が大胆のものが多く、スタイルを良く見せるための機能性は高くはありません。

グアムで買うならロコブティック

ロコブティック

グアムで水着を買う場合、メジャーなブランドはロコブティック(Loco Boutique)です。

グアムにロコブティックの直営店が4店舗あり、タモン地区であればパシフィックプレイスが一番行きやすいです。

ロキシー(Roxy)は直営店はありませんが、色々なお店に取り扱いがあります。

ROXY/QUICKSILVER by DNA

ザ・プラザには「ROXY/QUICKSILVER by DNA」・「DNA Evolution」といったサーフブランドのお店があるので、そこからチェックしてみてください。

ブランドにこだわらないのであれば、ABCストアやボンボヤージュなどのコンビニにお手ごろ価格のものが売っています。

グアムのビーチで最適なファッション

グアムのビーチで観光客がどのような服装をしているのかを観察しつつ、自分の体験をもとにおすすめのビーチファッションを紹介します。

基本はビキニスタイル

グアムの海

若い人を中心にビーチにあふれているのは、王道のビキニスタイルです。

日焼け止めをしっかりと、女性は胸の谷間も塗り忘れないようにしましょう。

肌トラブルを防ぐため、海やプールから上がったらシャワーで洗い流すのも忘れずに。

ラッシュガードは珍しくない

グアムの海

ラッシュガードは日本人観光客のファミリー層、アジア系観光客全般で着用率の高いアイテムで、近年ではメジャーなスタイルになっています。

男性はTシャツタイプ、女性はパーカータイプのラッシュガードを着ている人が多く、店で売られているのもその2タイプが多いですが、フード無し前ファスナータイプ(遊泳中はフードがやや邪魔なので)もおすすめです。

フード無し前ファスナータイプ(遊泳用)とパーカータイプ(陸用)の2枚を用意して、水から上がったら乾いたラッシュガードに着替えるようにするとより快適ですよ。

UV効果の高いものを着用していれば、日焼け止めを塗る手間が大幅に省ける(日焼け止めの節約にもなる)ので、着用しはじめると手放せなくなります。

それと着用の際は、遊泳中ラッシュガードがずり上がることで、腰の脇付近だけうっかり日焼けすることがありますので注意してください。

ラッシュトレンカについて

グアムの海

グアムでラッシュガードを着ている人は多いですが、ラッシュトレンカまで履いている人は少数派です。

南国では忍者っぽく見えてしまうので?オシャレに着こなすのが難しいアイテムだとは思いますが、私はグアムでラッシュトレンカデビューしようと思ったきっかけがありました。

ムラサメモンガラ

グアムで脚を噛んでくるムラサメモンガラという獰猛な魚の攻撃がツラいのです。

ネットで調べてみても、これといった対策法は見つからなかったのですが、白い脚を魚肉ソーセージと間違えているという説があるようなので、黒いトレンカで防御して多少攻撃がマシになることを期待しています。

着こなしの点は、サーファーに寄せると雰囲気良く仕上がります。

楽天のリンネ スノー・アンド・サーフというショップは、綺麗な写真が多いのでコーディネートの参考におすすめです。

マリンシューズ

砂浜を散歩する程度ならビーチサンダルで大丈夫ですが、海中はサンゴや岩などがあり素足で歩くと危険です。

グアムに慣れて、海の中に入ったりシュノーケルを楽しみはじめると欲しくなるのがマリンシューズです。

特にファッショナブルではないので海中に入るときだけ履いても良いですが、ホテルの部屋を出たときから履いていても問題ないですし、砂浜を歩くのにも最適で機能性は高い一足です。

まとめ

最初はビキニと素足でビーチデビューしましたが、塩水と日焼けで肌トラブルになったり、噛んでくる魚の存在を知るにつれ、年々重装備になりました。

海ならではの開放感は失われるかもしれませんが、その分安全に楽しむことが可能となります。

色々な商品があるので、色柄を工夫して露出は少なくてもオシャレな着こなしを目指していきたいですね。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る