History of Guam

グアムの歴史年表とチャモロ人の文化

|

グアムの歴史年表とチャモロ人の文化についてまとめました。

アメリカ合衆国に属しながらも、グアムの文化や生活には、300年以上続いたスペイン統治時代の香りが色濃く残されています。

また、かつてグアムが大宮島と呼ばれていたことを知っていますか?

グアム歴史を知らなくてもバカンスを楽しむことはできますが、グアムの歴史やチャモロ文化について知れば、より深くグアムの魅力を感じることができます。

スポンサーリンク

チャモロ文化

チャモロ族 (Chamorro) は、ミクロネシアのマリアナ諸島の先住民。

チャモロは、スペイン語の「刈り上げた」とか「はげ」という意味を表す言葉である。

引用元:Wikipedia

スペイン人の呼び方が「チャモロ」という名称のルーツになっています。

理由は、先住民の成人男性が頭を剃って後ろ髪だけ長く伸ばしていたからだそうです。

古代のチャモロ人は漁師としても職人としても優れ、自分たちの生活環境に適した独特の住居やカヌーを造り、また複雑な織物や手の込んだ陶器の製作にも通じていました。

また強固な母系社会を形成しており、女性の権力と特権によってチャモロ文化の大部分、言語・音楽・舞踊・伝統などが守り伝えられてきたのです。

引用元:グアム政府観光局

チャモロ人は文字を持たなかったので、スペイン人と接触する前の歴史の詳細は不明だそうですが、航海技術や生活様式を伝える遺物や口承から、高度に発展した独自の文化を持つ民族だったと予測することができるそうです。

チャモロ文化には先住民がもつ土着の習慣を含め、300年以上続いたスペイン統治時代の文化や風習も色濃く残っているのが特徴です。

※グアムの歴史については、以下年表形式で解説します。

古代チャモロ時代

グアム

先ラッテ時代

紀元前1500年ころ、東南アジアから海洋民族の古代チャモロ人が船で渡来。

彼らはインドマラヤ系民族であるといわれている。

ラッテ期

チャモロ文化の象徴であるラッテストーンが造られていた時代。

ラッテストーンはロタ、テアニン、サイパンなどでも見ることができる、謎の巨石。

関連史跡の紹介

ラッテストーン公園

スペイン統治時代

グアム

1521年

世界一周渡航中のポルトガル出身の探検家フェルディナンド・マゼランがマリアナ諸島を発見。

グアム南部のウマタック湾に寄港したとされる。

1565年

スペインがグアムの統治を宣言。その時から333年間、スペインによる統治が続く。

同年、ウマタックはガリオン船(メキシコとフィリピンを結ぶ交易船)の寄港地になる。

関連史跡の紹介

ソレダッド砦(交易船を守るために築かれた)

1668年

宣教師のサン・ビトレス神父一行がグアムに到着。

大酋長キプハらの協力により、布教の拠点をハガニアに定める。

西洋文化や近代制度がこの頃持ち込まれる。

関連史跡の紹介

大酋長キプハ像

1669年

ハガニアにグアムで最初のカトリック教会が建立される。

関連史跡の紹介

聖母マリア大聖堂(ハガニア大聖堂バシリカ)

1670年

カトリックの教えに、島民であるチャモロ人が強く反発。

スペイン – チャモロ戦争が始まる。

1672年

サン・ビトレス神父が殺害される。

1695年

20年以上続いたチャモロ人の反乱をスペイン軍が制圧。

スペイン – チャモロ戦争が終結。

10万人いたといわれているチャモロ人の人口が5000人以下まで減少する。

関連史跡の紹介

アプガン砦

アメリカ統治時代

グアム

1898年

米西戦争が勃発。

米国艦隊がグアムに入港。グアムのスペイン当局はアメリカ軍に島を明け渡す。

1899年

333年にわたるスペイン統治時代が集結。

島には星条旗が掲げられ、アメリカによる統治が始まる。

日本統治時代

グアム

1941年

真珠湾攻撃の日と同じ12月8日、日本軍がグアム島を占領。

グアム島は「大宮島」と改名され、31か月間の日本統治時代が始まる。

1944年7月21日

グアム島奪還のためにアメリカ軍が島に上陸。島内で日米による激戦が展開される。

関連史跡の紹介

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

ガアン ポイント ビーチパーク

アサン展望台

アメリカ自治属領時代

グアム

1944年

31ヶ月にわたる日本の統治が終わり、グアムはアメリカ領に復帰。

1950年

グアムはアメリカの準州となり、島民にアメリカ市民権が与えられる。

1960年

チャモロ人初の知事が誕生。

グアムの現在

グアム

1967年

パンアメリカン航空が日本からの就航を開始。

グアムに観光産業がもたらされる。

1970年

日本航空が就航を開始。

1972年

元日本兵の横井庄一氏がタロフォフォのジャングルで発見される。

1981年

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がグアムを訪れる。

関連史跡の紹介

ヨハネ・パウロ2世像

現在

日本から年間80万人以上の観光客が訪れる人気のリゾート地に成長。

現在に至る。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る