San Dionisio Church

サン・ディオニシオ教会

|

グアム南部の村ウマタックにある、サン・ディオニシオ教会の歴史、行き方、観光のポイントについて解説します。

スポンサーリンク

サン・ディオニシオ教会について

サン・ディオニシオ教会

サン・ディオニシオ教会は白とクリーム色の可愛らしい外観が特徴の教会です。

最初に建設されたのは1680年、茅葺屋根の木造建築でした。

その後、サン・ディオニシオ教会は再建されます。

サン・ディオニシオ教会について、ガイドブックやネットで調査すると「現在の教会は1769年に再建されたマンポステリア様式の石造りを改修したもの」という記述が多いです。

しかし、guampedia(英語のサイト)によると、1769年に再建された石造り教会は何度か地震の被害に遭い、その都度再建していたようですが、1902年の地震以降は再建されることがなかったのだそうです。

そして、現在の教会の建物は、1937年から1939年にかけて建設されたということです。

サン・ディオニシオ教会の入口に描かれている「1939」の数字は、現在の建物の完成年を記したものだと思われます。

創設以来、幾度も崩壊と再建を繰り返しているサン・ディオニシオ教会ですが、グアムで1番小さい村ウマタックの人々の心の拠り所になっているに違いありません。

サン・ディオニシオ教会

サン・ディオニシオ教会の向かいには十字架が建てられており、背景にウマタック湾と遠くにソレダッド砦を臨むことができます。

マゼラン上陸記念碑

また、サン・ディオニシオ教会の近くには、1521年にマゼランがウマタックに上陸したことを記念したマゼラン上陸記念碑が立っていますので、合わせて見学することができます。

観光のコツ

サン・ディオニシオ教会

サン・ディオニシオ教会を近くで見学するのに適しているのはレンタカーです。

基本的に建物は施錠されていますが、窓越しに教会の中も見ることができます。

一般的には、ソレダッド砦が含まれているオプショナルツアーがいくつかありますので、これらのツアーに参加すれば、遠くからではありますが砦からの眺望の一環としてサン・ディオニシオ教会を眺めることが可能です。

詳細記事の紹介

ソレダッド(ソレダット)砦まとめ

関連オプショナルツアー

グアム島一周の旅(ラムラムツアーズ)

Data

名前サン・ディオニシオ教会(San Dionisio Church)
エリアウマタック
アクセスタモンからはマリンコードライブを南下、海軍基地前を左折し2a号線経由、2号線を行き左手側。車で約50分。
営業時間見学自由
定休日なし
料金無料

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る