Sandcastle

サンドキャッスル

|

グアムのサンドキャッスルで行われているディナーショーについて、全プランの料金表、館内と座席の様子、ディナーの料理メニュー、おすすめの服装(ドレスコード)、場所とアクセス方法をまとめて詳細に解説いたします。

スポンサーリンク

Point

サンドキャッスルはラスベガススタイルのマジック&イリュージョンショーで、シルク・ド・ソレイユのクリエイターが手掛けたワールドクラスのパフォーマンスが特徴になっています。

サンドキャッスルの場所とアクセス

サンドキャッスル グアム

サンドキャッスルの場所はタモンの街なか、ハイアットリージェンシーグアムとデュシタニグアムリゾートの間にあります。

アクセスは赤いシャトルバス・タモンシャトルの南廻りで「サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前」、北回りで「ハイアットリージェンシー向かい」が最寄りです。

プランによってホテル送迎が付きますので、事前に確認しましょう。

サンドキャッスルの館内と座席について

サンドキャッスル グアム

サンドキャッスル外観です。

サンドキャッスル グアム

入場するとシャンデリアのあるロビースペースが広がります。

ゴージャスな雰囲気なので、結婚式場として利用されたこともあるようです。

受け付け後、この場所でダンサーさんとの記念撮影が入ります(気に入ったら買うヤツです)。

サンドキャッスル グアム

ショー会場は全体的に薄暗いです。

席が前方になるにつれ、プランの料金が高く設定されています。

サンドキャッスル グアム

会場の前方から後方を撮影した様子。

前方はステージからの花道が途中まで伸びてきているので、ダンサーさんの脚の絆創膏まで見える距離です。(絆創膏は本当に貼ってました。。。)

一番後ろはステージが遠くに見えますが、ショー全体を見渡すことができ、ソファー席なのでくつろいで楽しめる雰囲気です。

サンドキャッスル グアム

ステージの最前列の様子。

サンドキャッスルのコース

サンドキャッスル グアム

サンドキャッスルの各プランの解説です。

まず、サンドキャッスルのプランはディナー付きのショー鑑賞と、ショーのみ鑑賞の2タイプに分かれます。

さらに、ショーのみ鑑賞のプランでは19時開場と21時開場から選択することができます。

カジュアルプラン

後方およびコーナーのカジュアルエリアの席で、気軽にショーを楽しめるコースです。

ホテルの送迎無しです。

カジュアル「観ショー」プラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目19:00送迎無し$65$20
2回目21:00

カジュアルディナープラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目18:00送迎無し$105$35

カジュアルディナーセット(スープ、メイン料理、デザート)がついています。

メインはハンバーガーかパスタを選べます。

デラックスプラン

デラックスエリアの席でゴージャスなショーを楽しむコース。

ホテル送迎付きです。

デラックス「観ショー」プラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目19:00往復送迎付き$99$30
2回目21:00

飲み物一杯付き。

デラックスディナープラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目18:00往復送迎付き$165$50

4コースグルメディナー(スープ、サラダ、デザート、コーヒーor紅茶付)とショーのプランです。

メインはステーキ、ロブスター等5種類から選ぶことができます。

VIPプラン

限定VIPシートでセレブな夜を楽しむコース。

ホテル送迎付きです。

VIP「観ショー」プラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目19:00往復送迎付き$125$50
2回目21:00

飲み物一杯付き。

VIPディナープラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目18:00往復送迎付き$235$79

4コースグルメディナー(スープ、サラダ、デザート、コーヒーor紅茶付)とショーのプランです。

メインはステーキ、ロブスター等5種類から選ぶことができます。

SUPER VIPプラン

1日2組限定のSUPER VIPシートでショーを堪能するコース。

パフォーマーの挨拶やバックステージ見学などの特典が付きます。

ホテル送迎は専用車がつきます。

King & Queenディナープラン

開場送迎大人(12才以上)子供(2〜11才)
2歳未満無料
1回目18:00専用車往復送迎付き$300$100

4コースグルメディナー(スープ、サラダ、デザート、コーヒーor紅茶付)とショーのプランです。

メインはステーキ&ロブスターのコンビプレート。

サンドキャッスルのディナー

デラックスディナープランのコース料理を紹介します。

サンドキャッスルでは飲み物付きプラン以外は、飲み物は別料金になります。

サンドキャッスル グアム

ナプキンに包まれたパン。

サンドキャッスル グアム

バゲット付きスープ。

サンドキャッスル グアム

みかんやナッツオリーブの実などが入ったサラダ。

サンドキャッスル グアム

メインはステーキを選択。

その場で選択するのですが、ステーキを選択する人が多いです。

サンドキャッスル グアム

デザートと紅茶(コーヒーも選べます)。

お味はそこそこ美味ですが、ちょっと割高感がありますね。

サンドキャッスルのドレスコード

サンドキャッスル グアム

サンドキャッスルに行く時の気になる服装ですが、サンドキャッスルはゴージャスな場所の割にドレスコードは普通です。

カジュアルはOK、ただし水着とビーチサンダルだけはNGになります。

なので、自分のお好みのファッションで参加すれば問題ありません。

参加者はもれなくダンサーさんと一緒に記念撮影されるので、購入する場合を考えておめかししても楽しいですね。

それと、サンドキャッスルに限らずグアム全体で言えることですが、冷房対策で羽織物があれば安心です。

観光のコツ

サンドキャッスル グアム

サンドキャッスル グアム

1990年にオープンしたサンドキャッスルは、25周年を経てマジシャン2人が加わり演目がリニューアルされていますので、以前に観たことがある人でも楽しむことができます。

また、ラスベガススタイルというだけあって、ダンサーも欧米人女性でトロピカル要素はないのが特徴です。

ディナー付が良いのかどうかは、その雰囲気の中でお食事をしてみたいか、それともコスパを重視するか考え方によるところですが、まずはカジュアルディナープランで全体の様子見をしてみるというのも悪くないと思います。

料金はBGツアーズ(主催会社)のホームページで割引価格になっていますので参考にしてみてください。

Data

名前サンドキャッスル(Sundcastle)
エリアタモン
アクセスタモンシャトル
「5 サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前」下車
TEL671-646-8000
定休日水曜・日曜不定休
URLhttps://www.guam-bgtours.com

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る