Plaza de España

スペイン広場

|

スペイン広場は、グアム行政府や議事堂など数々の政府機関が集まる、ハガニア地区の中心にある広場で、333年続いたスペイン統治時代の史跡が残ることから、スペイン広場と呼ばれています。

1736年から1898年にかけてスペイン総督邸があり、米国軍による爆撃でそのほとんどが壊滅状態となりましたが、現在はチョコレートハウスやスペイン総督邸跡などが修復され、広場として整備されています。

老朽化が懸念されていましたが、2013年にリニューアルされ美しく生まれ変わっています。

スポンサーリンク

Point

チョコレートハウス

チョコレートハウス

一番有名なのは、スペイン広場の右奥エリアにある「チョコレートハウス」。

スペイン総督邸の庭にあった建物で、スペイン総督夫人が来客をチョコレートドリンクでもてなしたことから名づけられ、社交場として使われました。

チョコレートハウス内部

スペイン建築で、サンゴ石をモルタルで覆ったマンポステリアという工法が用いられています。

内部にはスペイン総督邸から見つかった紋章が取り付けられています。

中を見学するときは、鳥の落とし物に注意ですよ~

チョコレートハウス内部

天井の梁には堅くて頑丈なイフィットという木材が使用され、屋根瓦はスペイン時代に使われたものと同じ瓦で復元されています。

チョコレートハウス解説

小さな建物ですが、チョコレートハウスの前には標識があり、日本語の解説もあります。

スペイン総督邸跡

スペイン総督邸

1736年に建造されたスペイン総督邸は、チョコレートハウスの隣にあります。

アメリカ統治時代にはアメリカ海軍、旧日本軍統治時代には旧日本軍司令部の本部が置かれていました。

第二次世界大戦により大部分が破壊され、現在残っているのはスペイン語で屋上を意味する「アソテナ」と呼ばれた場所です。

もともと屋根はありませんでしたが、戦後、瓦屋根が新たに造られました。

サンゴ石の廃材

敷地内に打ち捨てられたサンゴ石の廃材、いつか片づけられるまでの期間限定?

現在建っているものは鉄筋が入って、強度が強くなっているそうです。

大砲のレプリカ

チョコレートハウス、スペイン総督邸のあるエリアの手前に、スペイン統治時代の大砲のレプリカが置かれています。

アルマセンの三連アーチ

スペイン広場の大砲

大砲の背後には、「アルマセンの三連アーチ」が見えます。

アルマセンの三連アーチ

アルマセンは武器庫を意味するスペイン語で、かつて、アーチの奥にアルマセン(武器庫)があったことから、このように呼ばれています。

アルマセンの噴水

タイルの色彩が美しい噴水。

アルマセンの石床

発掘調査で発見された、アルマセンの石床が残っています。

キオスコ

スペイン広場のキオスコ

広場の中心に位置するのは「キオスコ」と呼ばれる建造物。

キオスコは東屋を意味するスペイン語です。

戦後に復元され、現在も歴代グアム準州知事の就任式や、公式行事に使用されています。

モンキーポッドの木

モンキーポッド

スペイン広場内には、モンキーポッドの木もあります。

日立の気になる木のやつです。

CMに出てくるのはハワイのですがグアムでも見ることができる木なんですね。

聖母マリア大聖堂

聖母マリア大聖堂

スペイン広場の隣にはグアムで初めてのカトリック教会、聖母マリア大聖堂があります。

聖母マリア大聖堂

1962年にサン・ビトレス神父の指揮で建立された、白亜の美しい教会です。

慰霊碑

太平洋戦争時の負傷者の慰霊碑

スペイン広場入口には、合掌を表すモニュメントがありますが、これは太平洋戦争時の負傷者の慰霊碑です。

後ろ側にヨハネ・パウロ2世像が見えます。

一番奥は工事中のスキナー広場で、グアム博物館が建設中です。

ヨハネ・パウロ2世像

ヨハネ・パウロ2世像

スペイン広場とスキナー広場、この間を走る道路の分離帯に、ヨハネ・パウロ2世像が建っています。

1981年、ローマ法王のヨハネ・パウロ2世がグアムを訪れたことを記念して建てられました。

地元の人々が自分の村の方向に向けることを希望したことから、1日で360度回転するしくみになっているそうですが、2016年4月の時点ではグアム博物館を向くように固定されているのだそうです。

ココナッツ屋台

ココナッツ屋台

スペイン広場入口付近にココナッツ屋台が出ています(パラソルが出ているところです)。

ジュースを飲んだあと、果肉を刺身にしてワサビと醤油を付けて食べるさせてもらえます。

時間に余裕があったらお試しあれ。

観光のコツ

グアム観光の定番スポットなので、初グアムの人はとりあえずおさえたい場所。

見所というほど目を見張るものはありませんが、グアムの歴史を知る貴重な場所です。

初回はガイドがグアムの歴史を交えて解説をしてくれるので、オプショナルツアーに参加するのがおすすめです。

ただし、オプショナルツアーでは、聖母マリア大聖堂は車窓からだったり、中を見学する時間がない場合が多いので、個人で行くときに、聖母マリア大聖堂とスペイン広場をセットで観光するといいです。

関連オプショナルツアー

グアム島内観光コース(PMTグアムコーポレーション)

Data

名前スペイン広場(Plaza de España)
エリアハガニア
アクセス「ハガニアシャトルバス」マリア大聖堂前下車
営業時間見学自由
定休日なし
料金無料

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る