Pope John Paul Ⅱ Statue

ヨハネ・パウロ2世像

|

ヨハネ・パウロ2世像は、1981年にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世(在位1978年~2005年)がグアムを訪れたことを記念して建てられました。

ヨハネ・パウロ2世は在中100か国以上を訪問し、ローマ教皇として初めてグアムを訪れた人物です。

スポンサーリンク

Point

回転するヨハネ・パウロ2世像

スペイン広場

スペイン広場とスキナー広場、この間を走る道路の分離帯に、ヨハネ・パウロ2世像が建てられています。

このヨハネ・パウロ2世像は、実は回転するという話を聞いたことがあるでしょうか?

グアム中の島民たちが自分たちの村の方向に向けて設立することを希望したため、この法王像は当初1日をかけて360度回転する仕組みになっていました。

現在は、聖母マリア大聖堂に向かって建っています。

引用元:グアム政府観光局

いつかは不明ですが、ある時点で聖母マリア大聖堂を向いて固定されたということらしいです。

ヨハネ・パウロ2世像

2014年3月の撮影時には、ヨハネ・パウロ2世像はスキナー広場(グアム博物館建設中)を背にして、スペイン広場を向いていました。

ヨハネ・パウロ2世像

ところが、2016年4月の撮影時には、今度はヨハネ・パウロ2世像はスキナー広場(グアムミュージアム完成間近)を向くように固定されていました。

ガイドさんのお話しによると、わざわざこの向きで固定したのだそうです。

グアム博物館

ツアーの場合多くは、スペイン広場に来た時にヨハネ・パウロ2世像の紹介がされると思いますが、その時には像の後側しか見えないという状況になるわけです。

ヨハネ・パウロ2世像

スペイン広場から、ヨハネ・パウロ2世像の正面を見に行く場合は、道路を横断しなければならないので車に気を付けてくださいね(ちょいちょい車が来ます)。

ヨハネ・パウロ2世像

正面から見たヨハネ・パウロ2世像です。

【追記】2017年4月現在のヨハネ・パウロ2世像

グアムミュージアム

2016年11月、スペイン広場の向かい側の敷地に、グアムミュージアムが完成しました。

グアムミュージアム2階の展望フロアから、スペイン広場を見渡すことができます。

ヨハネ・パウロ2世像

グアムミュージアム2階の展望フロアからの眺めです。

ヨハネ・パウロ2世像と背景に広がるスペイン広場を見ることができます。

観光のコツ

サラッと観光する場合は、スペイン広場を含むオプショナルツアーに参加するのが簡単です。

じっくり散策する場合は、赤いシャトルバスを利用してスペイン広場や聖母マリア大聖堂と合わせて見学しましょう。

詳細記事の紹介

グアムハガニア巡り!バスでの行き方解説(大聖堂・ミュージアム・カップ&ソーサー)

関連オプショナルツアー

グアム島内観光コース(PMTグアムコーポレーション)

Data

名前ヨハネ・パウロ2世像(Pope John Paul Ⅱ Statue)
エリアハガニア
アクセス「ハガニアシャトルバス」マリア大聖堂下車
営業時間終日開放

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る