2017.04 Under Water World&Sea Grill Denner

シーグリルのディナーメニューで乾杯(アンダーウォーターワールドとのセット)

|

2017年4月のグアム旅行記です。

シーグリルレストランのメニューには、アンダーウォーターワールド水族館とのセットコースがあり、利用することによりディナーやランチをお手軽に楽しむことができます。

今回はジャルパックの特典オプショナルツアーで行ってきました。

スポンサーリンク

アンダーウォーターワールド

参加券を持ってアンダーウォーターワールドの受け付けに行くと、オーシャンサファリ(水族館)とシーグリルお食事券、アンダーウォーターワールドショップ(売店)10%割引券がひと繋がりになったチケットと引き換えてもらえます。

チケットはそれぞれ滞在中の好きな時に利用することができますので、オーシャンサファリとシーグリルを別々の日に利用することも可能です。

私たちは3日目の夜に両方こなしました。

アンダーウォーターワールド

最初にアンダーウォーターワールドでオーシャンサファリを体験。

水中トンネルを抜けていきます。

アンダーウォーターワールド

過去にも何度も来ている場所なので、かなり気を抜いて歩いています(笑)

アンダーウォーターワールド

アンダーウォーターワールドのオーシャンサファリの営業時間は10時から18時30分で、それ以降はディナーアンダーザシーというレストラン企画になります。

18時くらいにトンネルを通過したので、ちょうどディナーアンダーザシーのセッティングをしているところでした。

アンダーウォーターワールド

1階の水中トンネルが終わると、2階は普通の水族館

お客さんはそこそこ入っていました。

アンダーウォーターワールド

アンダーウォーターワールドショップで買い物すると10%割引になる券がついてきましたが、欲しいものが無かったので結局使いませんでした。

詳細記事の紹介

アンダーウォーターワールドの詳細解説

シーグリルレストランでディナー

シーグリルレストラン

シーグリルでの食事は、営業時間内(11時~22時)の好きなタイミングでレストランに行く感じです。

実は、私たちは去年のグアム旅行でも、今回とぼぼ同じプラン「水族館+シーグリル」に参加しています(笑)

それで、去年はランチだったので、今年はディナーにしてみました。

詳細記事の紹介

アンダーウォーターワールドとシーグリルのランチを体験

シーグリルレストラン

案内されたのはテールオブザホエールというエリアで、上の階はスカイラウンジと呼ばれています。

シーグリルレストラン

メニューは「水族館+シーグリル」セットプラン専用のコースで案内されます。

メインを白身魚・牛ステーキ・ポークリブの3種類から選びます。

シーグリルレストラン

ドリンクは別料金、会計時10%のサービス税が加算されるのでチップはいりません。

シーグリルレストラン

黄色いカクテル、グアムサンセット(9.5ドル)とオレンジのカクテル、シーグリルサンセット(8ドル)で乾杯。

シーグリルレストラン

コースのハウスサラダです。

シーグリルレストラン

メインの「ニューヨークステーキ照り焼きソース、シェフの本日の野菜とライス」。

プレートで出てきました。

シーグリルレストラン

こちらは「グアムシーフードセンセーション・バサ(白身魚)トマトバジルソース、新鮮な野菜のソテー、ガーリックマッシュポテト」です。

何故かマッシュポテトはライスになっていました(笑)

味は肉とか魚は普通くらいで、野菜のソテーが雑な感じでした。

シーグリルレストラン

デザートのチョコレートケーキ。

シーグリルレストラン

デザートとコーヒーをいただく頃には完全に日が落ちて、店内もムーディーな雰囲気になっていました。

シーグリルレストラン

窓からの景色、スコールが降っていたみたいです。

シーグリルレストラン

明日のグアムではマラソン大会が開かれるので、ランナーとの遭遇率も高かったです。

シーグリルレストラン

シーグリルはガラス張りの店内は解放感があるので、昼にきても気持ちよく過ごせるレストランですが、夜のほうが賑やかでロマンチックではあります。

<2017年4月ホテルニッコーグアム旅行記15>

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る