Sun Antonio Bridge

サン・アントニオ橋

|

サン・アントニオ橋は、スペイン統治時代の1800年、スペイン提督マニュエル・ムロの時代に建設された古橋です。

かつて、ハガニア川にかかっており、ハガニアと南部との主要道路を結んでいましたが、太平洋戦争で破壊され、戦後、現在の位置に復元されました。

サンゴ岩でできた美しいアーチ形の橋です。

スポンサーリンク

Point

サン・アントニオ橋

シレナパーク

ハガニアの、現地でシレナパークと呼ばれるエリアに、サン・アントニオ橋があります。

ウエスト ソルダッド アヴェニュー(W Soledad Ave)という道路に面していて、その道路際に銅像が建っています。

シレナパークの銅像

石碑には「DON PEDRO PANGELINAN MARTINEZ」の名が記されています。

グアムで成功したチャモロの人らしいです。

サンアントニオ橋とセレナ像

橋の脇に、かつての川を見守るようなかたちで、人魚シレナ像が建っています。

伝説の人魚シレナ像

シレナ像

シレナというとH.I.Sのシレナトロリーの人魚を思い浮かべる方も多いのでは?

人魚シレナは、チャモロの昔話「タオタオムナ」に出てくる人魚になった女の子です。

シレナの伝説を紹介します。

昔々、泳ぎの大好きなチャモロの女の子『シレナ』がいました。シレナの部族は生粋の血筋の魔術の力を持っていたそうです。彼らが口にした事はすべて本当になってしまうそうです。

泳ぐ事が好きなシレナはお母さんのお手伝いもせずに朝からずっーとアガニア川(現ハガ二ア湾)で泳いでいました。

ある日、お母さんはシレナにお使いを頼みましたが、シレナはお使いを忘れて、またしても水の魔力に誘われ泳ぎに行っていたそうです。

日が暮れ始めても帰ってこないシレナを心配したお母さんは川に探しに行きました。お母さんの心配をよそに沖でイルカや亀と一緒に泳いで遊んでいたシレナを見たお母さんは怒ってしまい、「あの娘は魚になってしまえばいい。」と叫んだそうです。

その直後シレナの身体に異変が、足元から魚に変化してきたそうです。それに気づいたシレナの祖母は「あの子の上半身は、そのままでありますように。」と言ったそうです。

自分の変化に気が付いたシレナは罰が当たったというよりはむしろ喜んで沖へと泳いでいき、二度と母親達の前に現れる事はなかったそうです。

引用元:WATABE WEDDING

人魚というと悲しい人魚姫を思い浮かべてしまいますが、グアムの人魚セレナは海に解き放たれて喜んでいるのですね。

サン・アントニオ橋の今昔

サンアントニオ橋橋の上

橋の上は芝生になっています。

わざわざ、歩く人はいないのか、人が踏みしめた形跡がありません。

サンアントニオ橋のアーチ

太平洋戦争の修復以来、水は流れておらず、観賞用の橋となっています。

アーチの下は大人の身長より高く、歩いてくぐることができます。

サンアントニオ橋解説

かつて川があったころの想像図。

サンアントニオ橋解説

子供が水遊びしたり、女性が洗濯をしたりしていたそうです。

かつての賑わいが夢の跡のようです。

シレナ像とサン・アントニオ

シレナ像のそばに、橋の名前の由来になった聖人のプレートが取り付けられています。

サン・アントニオ石碑

サン・アントニオ橋は、1800年代にパドゥアの聖アンソニーに捧げて作られたため、このようによばれているのですね。

シレナ像のステンドグラス

シレナ像のステンドグラス

シレナパークの隣の区画に赤の配色が特徴的なビルがあります。

シレナ像のステンドグラス

このビルの角にとっても素敵なシレナ像のステンドグラスがあるので、ぜひ見てみてくださいね。

車窓からのサン・アントニオ橋

車窓からですと車が進んでしまいますのでタイミング勝負ですね。

観光のコツ

チャモロビレッジと聖母マリア大聖堂との間くらいに位置するため、目立ちにくいスポット。

スペイン広場を観光するオプショナルツアーであれば、車窓から案内されることもありますが、シレナ像までは見つけられないかもしれません。

バスでの行き方は、「ハガニアシャトルバス」チャモロビレッジ下車、徒歩5分なので、チャモロビレッジや聖母マリア大聖堂と一緒に、個人で回るとゆっくり見れます。

ただし日中の陽射しが強いので、熱中症対策して散策を楽しみましょう。

Data

名前サン・アントニオ橋(Sun Antonio Bridge)
エリアハガニア
アクセス「ハガニアシャトルバス」チャモロビレッジ下車、徒歩5分
営業時間24時間
定休日なし
料金無料

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る