War in the National Historical Museum

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 )

|

太平洋戦争国立歴史博物館(太平洋戦争記念館 ビジターセンター)は 、第二次世界大戦中の旧日本軍の資料や戦争中のグアムの歴史を、音声と映像でわかりやすく展示した施設です。

博物館前には旧日本軍の黒塗りの潜水艦が展示されています。

スポンサーリンク

Point

太平洋戦争国立歴史博物館と潜水艦

太平洋戦争国立歴史博物館

アメリカ海軍基地に隣接する太平洋戦争国立歴史博物館は、観光ツアーで訪問する人が多いスポットです。

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館の正面には、1艇のみ残った特殊潜航艇が展示されています。

太平洋戦争国立歴史博物館

「日本軍の2人乗り潜水艦」と案内が出ています。

太平洋戦争国立歴史博物館

潜水艦の黒塗りの下にうっすらと旭日旗が透けて見えます。

太平洋戦争国立歴史博物館

グアムは32か月間日本の占領下におかれていました。

博物館の垂れ幕に「Asan Beach July 21 , 1944」とあります。

これは、グアム奪還に向けてアメリカ海軍がアサンビーチから上陸した日付が、1944年7月21日であるということです。

太平洋戦争記念館 ビジターセンター

太平洋戦争国立歴史博物館

博物館の入口に「T. Stell Newman Visitor Center」とあります。

そのため、太平洋戦争国立歴史博物館は「太平洋戦争記念館 ビジターセンター」と紹介される場合もあります。

入場無料です。

太平洋戦争国立歴史博物館の展示

太平洋戦争国立歴史博物館

グアムはアメリカの準州なので、展示は戦勝国であるアメリカの視点で描かれています。

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

「日本軍の野望」と見出しがつけられた大日本帝国の占領図の掲示もあります。

太平洋戦争国立歴史博物館

日本がグアム島を占領していた時の島の名称は大宮島。

グアムを訪れる日本人として、最低限知っておきたい事実であると感じます。

太平洋戦争国立歴史博物館

米軍はどのようにして、グアムを占領していた日本軍に勝ったのか。

館内には一連の米軍のグアム上陸作戦を、音声と映像、グアム島の地図に点灯するライトで確認できる装置もあります。

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

館内は広くないのでさらりと見学することもできますが、展示パネルには日本語の説明があり音声や映像が豊富なので、時間の許す限り丁寧に見学することをおすすめします。

ミュージアムショップ

博物館にはミュージアムショップがあり、Tシャツや小物があるのでこちらもお見逃しなく。

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

太平洋戦争国立歴史博物館

タモンの街中のお土産品とは一線を画した品揃えになっていておすすめです。

関連オプショナルツアー

グアム島一周の旅(ラムラムツアーズ)

Data

名前太平洋戦争国立歴史博物館
(War in the National Historical Museum)
エリアピティ
住所T. Stell Newman Visitor Center, Building 1657B, Old Army Reserve Center, Sumay, Guam 96915
マリン・コア・ドライブ、アメリカ軍海軍基地ゲート前
TEL671-333-4050
営業時間9:00~16:30
定休日なし
料金入場無料

Map

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る