Guam General Information

グアムはどこの国?州?国名・国旗など基本情報まとめ

|

グアムはどこの国に属しているのか、州なのか?グアムの国名・国旗の意味など、グアムの基本情報をまとめています。

スポンサーリンク

グアムの基本情報

ブーゲンビリア

島旗ブルー地にヤシの木とカヌー、恋人岬、投石器があしらわれている
正式国名グアム Guam(アメリカ合衆国の準州)
島歌グアムの賛歌
島花ブーゲンビリア
面積約549㎢
人口約17万人
首都ハガニア(旧称はアガニア)
知事エディ・ガルボ
政体住民は米国市民権と自治権を有するが、大統領選挙には投票できない。
民族構成チャモロ人が4割、フィリピン人が3割、次いでアジア系、白人系
宗教キリスト教(カトリックが85%)
言語公用語は英語とチャモロ語。観光エリアでは日本語が通じることが多い。

グアムはどこの国?

グアムは太平洋に浮かぶマリアナ諸島南端の島です。

国としてはアメリカ合衆国に属しており、日本ではわかりやすいように「米領グアム」と表記される場合もあります。

グアムは何州?

グアムはアメリカ合衆国の準州(自治属領)です。

専門的には自治的未編入地域 (organized unincorporated territory)というらしいのですが、平たくいうと州に昇格する前の段階の地域をいいます。

ちなみに南国の代表ハワイはアメリカの州となっています。

準州という立場は、アメリカ政府からの経済的メリットを受ける反面、島が米軍関係の施設に占有される、大統領選挙権がないなどのデメリットもあります。

正式名称は?

正式名称は「グアム(Guam)」です。

チャモロ語では、グアムを意味するのは「グアハン(Guahan)」なので、併せて覚えておくとよいでしょう(地元の人の喜ばれます)。

雰囲気としては、沖縄(オキナワ)を地元の人が琉球語で「ウチナー」と呼んでいるような感じです。

グアムの国旗(島旗)の意味

グアムの国旗

グアムには島旗があります。

1917年、米海軍の将校夫人であるヘレン・ポールのスケッチを元にデザインされたものです。

グアムの旗は、深紅の縁取りがされたマリンブルーの地の中央に、赤い楕円に縁どられたグアムの紋章が入っています。

赤はチャモロ人によって流された血を、マリンブルーは海と空、グアムの融和を象徴しています。

紋章の楕円形は投石器の形を表現しており、保護と耐久力という意味が込められています。

紋章には、有用性と忍耐を表すヤシの木、勇気と技能を示すカヌー(プロア船)、誠実さを意味する恋人岬がデザインされています。

グアムの大きさなど地理的情報

グアムの大きさや位置など地理的情報については、下記にまとめましたので参考になさってください。

詳細記事の紹介

グアム島まるわかり解説~全島地図とエリアガイド

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る