Guam money Guide

グアム旅行のお金と物価(通貨単位・ドル両替方法・所持金はいくら?)

|

グアム旅行で必要なお金の知識について、流通している通貨の単位、グアムの物価、おすすめの両替方法、所持金はいくらが良いのかをまとめました。

スポンサーリンク

グアムの通貨単位はアメリカドル

グアムの通貨は、US「$(ドル)」と「¢(セント)」で、$1=100¢です。

紙幣

米ドル

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類が流通しています。

$100紙幣は偽札かどうか確認されたり、おつりが多くなる場合は敬遠されることがあるので、用意する際は省いて良いでしょう。

$1紙幣はチップによく使うので用意しておくとよいです。

(小額紙幣が使い勝手良いですが、まとまった額を両替すると結構な厚みになります。)

2ドル紙幣

2ドル紙幣

グアムで存在しているけど、ほとんど流通していないといわれているのが$2紙幣です。

直近のグアム旅行時に、現金で買い物をした際のおつりがたまたま$2紙幣で返ってきて、少々ビックリしたので紹介します。

硬貨

米ドル

硬貨は写真左から順に、1¢、5¢、10¢、25¢の4種類が流通しています。

それぞれ$で表すと、$0.01、$0.05、$0.10、$0.25となります。

紙幣と違い金額が書いていないので旅行者には難易度が高いアイテムですが、色が銅色の1¢と1番大きい25¢(100円位の大きさ)は比較的わかりやすいです。

難しいのが5¢と10¢で、コインが大きい方が5¢、小さい方が10¢になります。

旅行中小銭がたまりがちになりますが、とりあえずレジ前で手持ちの小銭を広げて見せると店員さんが使えるコインピックアップしてくれたりします。

グアムの物価

米ドル

グアムの物価は日本と変わらないか、やや高い。

例えば、ペットボトルの水(500ml)は1.5ドル程度、屋台のスムージードリンクはSサイズで5ドルします。

物価が安いわけではないので、東南アジアのようなイメージで行くと値段の高さにビックリしてしまうかも。

また、旅行者は円相場の影響を受けます。

1ドル80円の円高時代には何でも割安感がありましたが、2017年10月現在、1ドル113円程度の円安なので、全体的に割高に感じられるかもしれません。

ブランド品はお得

生活用品の物価は特に安くないのですが、それでも、グアムはショッピング天国といわれています。

それは、グアムは輸入関税や消費税のかからない自由貿易港(フリーポート)の島なので、香水や化粧品、高級ブランド品などが日本より10~30%も安く買えてしまうからです。

島全体がフリーポートなので、免税店と書かれていない一般のお店でも免税店と同様の扱いになるのがポイントです。

ハワイでは取られてしまう州税もないので、ショッピングを楽しみたい方にはお得といえます。

グアム旅行おすすめの両替方法

日本とグアムならば、日本のほうが良い

基本的にレートは日本で両替する方が得な場合が多いので、必要な現金は日本で用意するのがベストです。

一般的にレートが良い順に、大黒屋などの金券ショップ→銀行→空港となります。

旅行が決まったら、円相場をチェックしてなるべく円高の時に両替しましょう。

グアムで両替するなら「Tギャラリア」がおすすめ

「Tギャラリア by DFS

ドルが足りなくなり、グアムで両替をしたい場合は「Tギャラリア by DFS」がおすすめです。

レートが良く、現地の銀行より混雑が少ないのでおすすめです(ジャックポットの傍にあります)。

両替する際はパスポートや免許証など身分証の提示を求められます。

ホテルのフロントでも両替はできますが、間違えているのかと思うくらいレートが悪かったのでお得ではありません。

手元に円が無い場合は、キャッシングするのがお得

グアムでドルが必要になった場合は、窓口で両替するよりむしろATMでキャッシングする方が得だといわれています(帰国後ATMで返済するのがコツ)。

グアムでATMを使うのはハードルが高いように思いますが、手元に円が無ないのにドルが必要になった場合は検討してみてもよいでしょう。

カード会社のシュミレーターもあるので、印刷したりスクショを撮っておけばいざという時安心です。

海外ATMの使い方徹底ガイド(VISAオフィシャルサイト)

所持金はいくら必要か?

一概にいくらと言うことはできませんが、 グアム旅行ではクレジットカードの使用にプラスして現金を用意するのが一般的です。

ちなみに、クレジットカードはグアム旅行でどうしても必須になってきます。

理由など、詳細については下記の記事にまとめてありますので、気になる人はご覧になってください。

関連記事の紹介

グアム旅行にクレジットカードは必須?利用時の注意点とおすすめ3枚を紹介

クレジットカードが利用できるのは以下のようなケース

旅行中の代金は、ほぼクレジットカードで済ますので現金はあまりいらないという人もいます。

ただし、スキミング被害などを恐れて海外でクレジットカードの使用を控える人もいるので、考え方によって用意する現金の割合は変わってくるでしょう。

グアムで現金を使用するのは以下のようなケース

上記の場合でも、クレジットカードで支払えるものがあるかもしれませんが、一般的に現金で払う人が多いのではないかというケースを挙げました。

極力クレジットカードを使用すれば、現金は1日3000円程度で済むという試算があります。

個人的にはドルは多少余っても次に繰り越すという考えで、1日1万円で予算を組んでいます。

つまり、3泊4日なら、3万~4万持っていれば安心できるという考えです。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る