Hagania Tourism New spot introduced

グアムのハガニア地区の観光とショッピング~最新フォトスポット発見!

グアムのスペイン広場

2018年11月のグアム旅行記です。

ハガニア地区の有名&穴場の観光スポットを巡り、グアムローカルブランドのショッピングやアガニアショッピングセンターでのランチを楽しみました。最新のフォトスポットも発見。

ラッテストーン公園→グアムミュージアム→スペイン広場→サンアントニオ橋→ドゥンカハウス・ルハンハウス→クラウンズ(ショップ)→マイティーパープルカフェ→トニーローマ(アガニア店)の順に紹介していきます。

スポンサーリンク

グアムのハガニア観光について

アガニア湾

アガニア湾とシェラトングアム(車窓から)

グアムの中でも景観が美しいハガニア地区が私は好きです。オプショナルの観光ツアーでは飽き足らず個人でも足を運んでおり、行かない年は「ハガニア不足」を感じてしまうほど(笑)

個人では、2016年4月と2017年4月に来ていて、今回は続く3度目の訪問になります。

タモン地区からバスでアクセスすると少し時間がかかりますが、今回宿泊しているシェラトングアムは、まさにアガニア湾(ハガニア湾、アガニャ湾ともいう)に立地するホテルなので、ハガニア地区に行くのが楽に感じられました。

アガニャショッピングセンター(スタート地点)

アガニャショッピングセンター

赤いシャトルバスを利用し、GPO経由でアガニャショッピングセンターへ。

最近では「アガニアショッピングセンター」とも表記されますね。けど、地元の運転者さんはアガニャって言っているので、口頭ではアガニャのほうが通じるかと思います。

こちらから、ハガニア観光スタート。

ラッテストーン公園

ラッテストーン公園

トイレが封鎖

定番の観光スポットです。歩いてたら見えたので立ち寄ることにしました。

直近では2年前に見学しましたが、その時よりガタっと荒れた雰囲気になっています。

ラッテストーン公園

ラッテストーンの上には雑草が茂っており、これまた初めてみる状態でした。

スペイン広場

道路をはさんで隣の敷地にあるスペイン広場に移動したら、急に雨が降ってきました。不安定な空模様です。

ちなみに、この日は何やらイベントが開催されており、テント下にいるのはローカルの人々。キオスコで雨宿りしているのはツアーバスの観光客だったりします。

グアムミュージアムで一息

グアムミュージアム

雨宿りがてら、スペイン広場向かいのグアムミュージアムへ。

グアムミュージアム

入口にギフトショップとカフェがあり、独自セレクトなお土産が置いてありますので、のぞいてみると楽しいですよ(入場料無しでも利用可能)。

グアムミュージアム

前回の訪問時、企画展を見学しています。

今回はその時にはまだなかった常設展が完成し、入場料が3ドル→20ドルに大幅値上げされてました。

グアムミュージアム

常設展入り口

1階が企画展、2階が常設展となっています。

グアムミュージアム

常設展に入場するとシアターに案内されました。

前半は創世神話のアニメーション、後半ムービーです。

グアムミュージアム

シアター上映後、扉があき常設展へ。

展示に日本語訳はありませんが、館内に表示されているQRコードを読み込むと、日本語訳の解説ページにアクセスすることができます(フリーWIFIあり)。

さりげなく、横井庄一さんコーナーもありますので、お見逃しなく。

グアムミュージアム

晴れて陽射しが復活したので、スペイン広場に行ってみます。

スペイン広場がベストフォトスポットに!

スペイン広場

今回、絶対写真に撮りたいと思っていたのが、スペイン広場に設置された「GUAM」のフォトスポット。ヤシの木と背景のグアムミュージアムのバランスが素敵で、ハガニアっぽさが出てると思います。

スペイン広場を訪れる団体のツアー客さんたちも、とにかくこのスポットで記念写真を撮ろうと釘付けになっている様子でした。順番待ち必至のスポットですね。

聖母マリア大聖堂

こちらは、スペイン広場隣接の聖母マリア大聖堂。聖堂の中を見学しようかなと思ったら、土曜日だったのでクローズしてました。

でもまあ、聖母マリア大聖堂については前回の訪問時に内部までしっかり見学済みなので、今回は外観だけで満足できました。

ハガニア

スペイン広場でイベント開催してたから?

カラフルな移動販売車が停車していました。映える(笑)

サン・アントニオ橋

サン・アントニオ橋

サン・アントニオ橋は水の流れていない歴史的な橋です。傍らに人魚のシレナ像がいます。

2年前訪問したことがありますが、特に大きな変化はありませんでした。

ハガニア歴史保存地区

ハガニア歴史保存地区は、太平洋戦争前のアメリカ統治時代に建てられた建物が残るエリア。

ハガニアの中でもマイナーな観光スポットですが、グアム愛好家としてはチェックせずにいられなかったので(笑)今回初めて見に行きました。

ドゥンカハウス

ドゥンカハウス

サン・アントニオ橋のすぐ裏にあるコロニアル様式の建物で、民間企業の社屋ということで看板などは建っておりません。

可愛い建物だとは思いますが、人の気配が全くなく外観も劣化していたので、今も本当に会社なのか疑わしいと思いました(単に土曜日だから人がいないという可能性もありますが)。

ルハンハウス

ルハンハウス

ドゥンカハウスの程近く、裏道に入ったところにあります。

看板があるので、かろうじて歴史的な建造物だとわかる佇まい。実際に近づいて階段など上ってみましたよ。事務所がありましたが、平日のみの営業でした。

「ADA PLAZA CENTER」が熱い!

ADA PLAZA CENTER

グアムミュージアム隣の区画に「ADA PLAZA CENTER」というビルに、オシャレなローカルが集っているのご存知でしょうか?

こちらに、ローカルに人気のアパレルショップ「クラウンズ(Crowns)」とアサイーボウルが美味しい映えるカフェ「マイティーパープルカフェ(Mighty Purple Café)」が併設して入店しています。

クラウンズ(Crowns)

クラウンズ

クラウンズはグアムのローカルブランドのお店です。

メンズ・レディースのTシャツ、スニーカー、帽子などのファッションアイテムを扱っています。どこかしらにグアムモチーフが入っている物が多いので、お土産としても最適です。

ひっきりなしにお客さんが入ってくる人気のお店です。

クラウンズ

色々試してみて、キャップを一点購入しました(夫が)。

マイティーパープルカフェ(Mighty Purple Café)

マイティーパープルカフェ

見た目が鮮やかなカフェです(クラウンズの中からも行ける)。

イートインスペースは少しありますが、ローカルの人は皆持ちかえってました。見たところ人気のメニューはアサイースムージーでした。

マイティーパープルカフェ

アサイーボウルのお店らしいと聞いていたので、種類があり迷いましたが

「Mighty Purple Bowl」(10ドル)を注文。

あとは店内のメニュー表が読みづらくて、どうしようと思っていたところ、先客のローカルさんが「カラマンシーティー」と言っていたので、コレだ!と思って真似しちゃいました(笑)

「Calamansi Tea」はたった2ドルなのに、カラマンシーがたっぷり入っていてフルーティーで美味しかったです。

グアム水牛集め

グアムのハガニアで見かけた牛モチーフ集めました。

グアムの牛

クラウンズやマイティーパープルカフェは、一応建物前の牛置物が目印だったりするのですが、グアムって色々な場所に牛が設置されているので、目印なんて言ったら「どの牛だよ?」ってなりかねません(笑)

グアム銀行

グアム銀行のロゴ

ペイレススーパーマーケット

ペイレススーパーマーケットの本社前

グアム牛の壁画

壁に描かれてたヤツ

アガニャショッピングセンターに帰還

アガニャショッピングセンター

一通りハガニアの散策を終え、アガニャショッピングセンターに戻ってきました。

アガニャショッピングセンター

サンクスビギンズからのブラックフライデーからの土曜日!

こちらのローカルなショッピングセンターの広場ではショーイベントが開催され、館内はクリスマスモード1色となっておりました。

トニーローマ

名物のベイバックリブ堪能

今回のハガニアランチは、安心のトニーローマ。前回のグアム旅行でタモン店を利用し、美味しかったので、今度はアガニャショッピングセンター内の店舗に来てみました。

トニーローマ

ランチといっても午後2時をまわっていたので店舗は空いておりました。店内日本語は通じませんが、メニューに日本語表記があるのでオーダーは困らないと思います。

以上「グアムハガニア観光2018」でした。

<2018年11月シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート旅行記12>

スポンサーリンク

Keyword

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る