2018.04 Hilton Guam Pool

ヒルトングアムの5大プールとウォータースライダーを徹底解説

ヒルトングアムのプール
|

2018年4月のグアム旅行記です。

ヒルトングアムにある5つのプールとウォータースライダーを満喫したので徹底解説。

子供も大人も楽しめるプールでした。

プール利用時間・タオルレンタルや注意事項・各種プールとウォータースライダの特徴についてまとめています。

スポンサーリンク

プールのタオルレンタルについて

ヒルトングアムのプール

プールの入口に受付があり、宿泊者であればタオルは無料でレンタルできます。

ルームナンバーと名前を告げて、タオル引き換えカードと交換、腕にバンドを巻かれるといった流れです。

使用後はタオルを返却したら、カードが戻ってきます。

グアムのホテルの中では、お客さんの出入りやタオルの管理がしっかりしている雰囲気です(ホテルによってはタオルの管理などもっとユルめ)。

ヒルトングアム・プールの営業時間と注意事項

ヒルトングアムのプール

注意事項としては、お部屋にビンジュースがあったのでビーチで飲もうと持ち込んだら、禁止だったみたいで注意されました(受付の柱に書いてありました)。

万一割れたりしたら危ないですものね。ペットボトルの飲料であれば問題ありません。

ヒルトングアムのプールは5つあります

ヒルトングアムのプール

上から見たプールの様子です。

ヒルトンブアムには5つのプールがあり、手前の赤い屋根の部分はプールサイドバーとディナーショーの会場となっています。

ヒルトングアムのプール

プールはメインプールがあるエリアと、階段を上ったところにある一段高いエリアに分かれています(便宜上、1階と2階とします)。

1階にメインプールと子供用プール、

ヒルトングアムのプール

2階にインフィニティプール、ジャグジー、アクティビティプールがあります。

メインプール

ヒルトングアムのプール

一番大きいメインのプールは1.8Mの深さがあり大人でも足が付かないくらい。

でも、欧米人の子供たちは楽しそうに泳いでいました。

建物に近い方が浅くなっており、0.9Mなのでコチラは安心。

ヒルトングアムのプール

お子様はライフジャケット推奨となっています。

ヒルトングアムのプール

ビーチチェアに座ると、開放感のある光景が広がります。

席はたくさんあるので困ることは無かったですが、パラソルがある場所とない場所があるので、日陰については早い者勝ちとなります。

ヒルトングアムのプール

ヒルトングアムのプールからの眺めです。

ヤシの木の配置が良く、エメラルドグリーンの海、遠くにホテルが見えるのが素敵。

キッズプール

ヒルトングアムのプール

メインプールの後ろ側に深さ0.3Mのキッズプールがあります。

滝修行遊び?などができます。

ウォータースライダー

ヒルトングアムのプール

キッズプールの隣がウォータースライダーになります。

ヒルトングアムのプール

身長120cm以上、小さなお子様は大人が一緒であれば大丈夫です。

ザバーンと落ちるあたりで、監視員見守っていることが多かったです。

キッズに混じり、大人夫婦も幾度となくスライダーを楽しみました。

プールが浅めです。

放出時、私は大丈夫でしたが、夫はどこかしらぶつけていたようです。

インフィニティプール

ヒルトングアムのプール

景色を眺めるインフィニティープール。

高台の立地を生かしたプールがあります。

ヒルトングアムのプール

恋人岬やその先の岬まで見渡すことができますよ。

ヒルトングアムのプール

プールの中からプールサイドを撮影。

インフィニティプールののビーチチェアは人気があるようです。

ジャグジー

ヒルトングアムのプール

インフィニティプールの隣はジャグジーになっています。

ヒルトングアムのプール

温度は42度?くらいでお風呂感あります。

プールやビーチで冷えてしまったときは、ジャグジーで回復してました。

眺めが良いためか、ジャグジーの淵に立ってしまう人がいて、監視員に怒られてました。

その点要注意ですね。

アクティビティプール

ヒルトングアムのプール

アクティビティプールは、本来ビーチバレーなどの球技用に作られたプールのようですが、私たちの滞在中は、常にただの四角いプールでした(笑)

景観的にも地味かなと思っていたのですが…

ヒルトングアムのプール

なんということでしょう。

ビーチチェアに座ってみたら、素敵じゃないですか。

ヒルトングアムのプール

メインプールのほうが騒がしいなと感じたときの避難場所として最適でした。

ヒルトングアムのプール、その他施設

リラクゼーションエリア

ヒルトングアムのプール

リラクゼーションエリアという屋根付きのスペース。

ヒルトングアムのプール

ヨガ教室が開催されていました。

ヒルトングアムのプール

柵がオープンのときに写真だけ取らせてもらいました。

トイレ

ヒルトングアムのプール

トイレはメインプールの近くにあります。

ツリーバー

ヒルトングアムのプール

泳ぐのに疲れたら、ビーチサイドバー「ツリーバー」で飲食することができます。

詳細記事の紹介

ヒルトングアムのツリーバーでプール休憩~メニュー・料金・営業時間

ビーチへのアクセス

ヒルトングアムのプール

プールに2か所階段があり、すぐにビーチに行くことができます。

行き来はそんなに大変ではありませんでした。

詳細記事の紹介

ヒルトングアムのビーチ徹底解説~レンタルショップやイパオビーチについて

ヒルトングアムのプール感想

昔のグアム旅行でヒルトングアムに立ち寄ったことがあり、その際プールを見学してレトロで少し雑然とした雰囲気と感じていました。

そのためヒルトンのプールに対する期待はあまり高くなかったのですが、今回実際に滞在してみて評価は一変しました。

視点が違うと景色が違うというのでしょうか。

歩いてプールサイドを見た感じと、ビーチチェアに座ったときに見える景色の印象が結構違うんですね。

リゾートっぽいスケール感、高台にある解放感、ホテル群を眺めるスタイリッシュ感を感じることができました。

客層は日本人、韓国人ファミリー、欧米人ファミリーが多かったです。

特に、欧米人ファミリーはグアムのどこのホテルよりも多くみられたように思います。

彼らはアジア人のように日焼けを気にしていないようなので、ファッションもスッキリしているし、なんだか絵になるファミリーもいました。

子どもが楽しめるプールですが、本を読んでゆっくり過ごしている大人もいました。

ビーチチェアがたくさんあり、場所の移動が容易にできるのが気楽だし、居心地の良いプールでした。

<2018年4月ヒルトングアムリゾート&スパ旅行記13>

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る