2018.11 Thanksgiving Day Branch

グアムでサンクスギビングデー(感謝祭)ブランチ!シェラトンホテルにローカル集う

シェラトングアム「ラカスカッタ」
|

2018年11月のグアム旅行記です。

滞在中、11月第4木曜日(2018年は11月22日)の祝日「サンクスギビングデー(感謝祭)」にあたりました。当日はシェラトンホテルのビュッフェ「ラ・カスカッタ」のサンクスギビング・ブランチに参加したので、特別メニューやブランチの様子を紹介します。

スポンサーリンク

サンクスギビングデー(感謝祭)について

シェラトングアム

サンクスギビングデー(感謝祭)は、日本では馴染みがない行事ですが、ターキー(七面鳥)を食べることからターキーデイとも言われており、家族が集まる団らんの日ということです。

日本の元旦と似ていて、街中のショップやレストランがクローズするので、観光客にとっては要注意な日。しかしながら、観光客中心の免税店やホテルは通常営業しており、ホテルによっては豪華サンクスギビング料理が提供されています。

ラ・カスカッタのサンクスギビング・ブランチ

シェラトングアム

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートのメインダイニング「ラ・カスカッタ」。

参加したのは、サンクスギビングデー限定のブランチです。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

席に案内される途中、綺麗に陳列されたのデザートが目に留まり、料理の質に期待できそうな予感がしました。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

キタ~!アイスクリームはハーゲンダッツであります。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

サーモン、海老、貝などシーフード

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

チャモロ料理や海苔巻き、キムチなどのお惣菜

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

ホテルなブレッド達

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

サラダバー

全体にお料理の陳列が綺麗で、見ているだけでテンションが上がります。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

ターキー探さなきゃと思ったら、ブタと目が合う!

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

ターキー、ジューシーなプライムリブなど

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

コーン、マッシュポテト、グラタンなど

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

サンクス ギビングの定番料理と思われる、ターキーなど肉料理を調達して乾杯しました。

ドリンクは各種ソフトドリンクの他に、ビールやスパークリングワインが飲み放題になっています。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

最初にスタッフの人が注ぎに来てくれて、その後も注ぎ足されたりするのですが、待ちきれない人?は自分で汲みに行ってました。どっちでもよいみたいです(笑)

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

ビールはこのような感じで注ぐことができます。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

シェフの調理コーナーがありますので、少し説明いたします。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

お好みでシーフードや、

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

肉、野菜、麺などをチョイスし、

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

沢山の調味料が並んでいるので、味つけも自分で調整します。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

こんな感じで盛りました!

自分の席に番号札があるのですが、その番号札と盛りつけたお皿を持って行くと、シェフが焼いてくれます。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

焼き上がりがコチラ!!

頃合いを見て自分で回収しに行くんですが、放置時間が長いとスタッフの人が席まで持ってきてくれます。

番号札があるので、どのテーブルのものか迷子にならなくて良いシステムですね。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

日頃の野菜不足を解消しようと、野菜を盛り盛り。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

こんな感じに仕上げてもらいました。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

続いて牡蠣なども楽しみました。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

別の場所に、パンケーキステーションのような場所もあります。

見本があるので、とても利用しやすいです。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

こちらでは、フレンチトーストを作ってもらいました。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

フレンチトーストとスターバックスのコーヒーです。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

一見普通のコーヒーコーナーなんですが。。。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

ここに、「いくらでも持ってけ」みたいな感じでスタバの腕章がありました(笑)

これは普通の朝食時には出ていなかったので、今日が特別なんだと思います。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

心ではもっと食べたいのですが、デザートはこれくらいで。

ハーゲンダッツのアイスもしっかり堪能しました。

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

可愛いキッズコーナーもあり。

最後に

シェラトングアム「ラカスカッタ」ブランチ

なんとお客さんの9割はローカルの人でございました。

普通の格好の人もいましたが、少しドレスアップしている人もいて、久しぶりに会うのかお互いハグをかわしているような光景を何度か見ました。

キッズたちも、ハロウィンとは違うのですが、仮装めいた格好をしている集団などもいて可愛らしかったです。

ローカルの人が年に一度の大切なお食事を楽しんでいるさなか、カメラを持ってフラフラしていたら邪魔かしらと心配していたのですが、そんな観光客にも寛容に接していただき、楽しいサンクスギビング・ブランチとなりました。

<2018年11月シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート旅行記6>

スポンサーリンク

Keyword

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る