Immigration to Guam

グアム入国審査マニュアル~搭乗手続きと出入国カードの書き方

旅行者向けの日本からグアムへの出入国の手順をまとめました。

飛行機への搭乗手続き、入国審査の詳細、出入国カードの書き方、グアムでESTAは必要かどうかについて注意点とともに解説しています。

スポンサーリンク

日本出国

チェックイン(搭乗手続き)

チェックインは、利用航空会社のカウンターでフライトの2時間前から受付可能になります。

提示するもの

チェックインの際、搭乗券と荷物の引換証を受領するので紛失しないようにしましょう。

スーツケースなど大きな荷物は託送荷物として機内に預けます。

小型のスーツケースやボストンバッグなど、手荷物として機内に持ち込む場合は、大きさなどに制限があるので利用航空会社のウェブサイトをご確認ください。

パスポートや貴重品など身の回りのものは、預けずに自分で所持しておきます。

(この先も、パスポートやチケットなど大切なものを出し入れする機会が多いので、それらをひとまとめにできるケースがあると重宝します。)

手荷物検査

手荷物検査とボディチェックを受けます。

X線装置に手荷物を通過させ、係員の指示に従ってゲートをくぐります。

この時点で飲み残しているペットボトル飲料は廃棄(未開封でも)になりますし、身だしなみグッズであってもハサミ類は没収されますので注意しましょう。

液体物は基本的には託送荷物としてスーツケースに入れておけば問題ありませんが、手荷物として機内に持ち込みたい場合は、制限や決まりがありますので下記を参考にしてください。

国際線の航空機客室内への液体物持込制限について(国土交通省)

関税申告

外国製の時計、カメラ、高価な貴金属製品などを持参している場合、出国検査を受ける前に税関で携帯出国証明申請書をもらい、申告しておきます。

これは、帰国時に自分の持ち物が外国で購入されたものとみなされ、免税範囲を超えていた場合、最悪課税されたりすることを避けるための書類です。

持ち物の使用状態が明らかであれば、この書類を提出するにはおよびません。

出国審査

提示するもの

パスポートにカバーを付けている場合は外し、帽子やサングラスは外して審査を受けます。

搭乗

無事出国審査が済んだら、免税店で買い物を楽しむことができます。

指定時間までに、搭乗券に記載された搭乗ゲートへ進んでください。

グアムまでの機内で

一般的なグアム旅行(45日以内)であれば、ビザやESTAは不要です。

飛行機内で配布される、グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムの書類に必要事項を記入するだけでグアムに入国できます。

グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムに記入する

機内で配布される書類

持ち物で、ボールペンの準備をしておきましょう。

その場で、記入例にしたがい記入すれば大丈夫ですが、事前に予習したい方は内容が掲載された下記のウェブサイトでご確認ください。

入国書類の記入方法(グアム政府観光局)

グアム旅行にESTAは必要か?

ESTA取得者は、出入国カード【I-736】・【I-94】を書かなくてよい(グアム税関・検疫申告書は必要)のでその点はメリットです。

(以前は、グアム入国の際ESTA専用レーンがありそれもメリットでしたが、現在は廃止されています。)

しかし、基本的にビザ免除プログラムが利用できるので、グアム旅行のためにESTAを取得する必要性はありません。

もちろん取得するのは自由ですが、14ドルの費用が掛かり期間も2年間で切れてしまうので、ハワイや本土渡航時など取得が必須の場合に取得したほうが効果的でしょう。

(46日以上グアムに滞在する人は条件が異なってきますので下記を参考にしてください)

グアムへの入国(グアム政府観光局)

ESTA(エスタ)申請(米国大使館)

グアム入国

グアム入国審査

提示するもの

入国審査の順番が来たら(家族はまとめて行ってOK)、1人1人顔写真と両手の指紋の撮影が行われます。

グアムの入国審査はだいたい日本語を話してくれるので言葉の問題は大丈夫ですが、待ち時間が長いので忍耐が必要です。

荷物の受け取り

入国審査終了後、自分が搭乗した便名のターンテーブルで預けた荷物をピックアップします。

関税申告書の提出

提示するもの

係り員のスタンプを受けたら、出口で別の係員に提出して完了。

到着ロビーへ。

グアム出国

チェックインと出国審査

日本出国時と同様、チェックインは利用航空会社のカウンターでフライトの2時間前から受付可能になります。

提示するもの

日本と違うのは、この時点で出国審査も済んでいることです。

飛行機に預ける荷物の計測をしますが、重量が増していると思いますので重量超過に注意しましょう。

各航空会社の託送荷物の重量制限については、利用航空会社のウェブサイトをご確認ください。

託送荷物の検査

チェックイン後、託送荷物を自分で自分で荷物検査場まで運び、係員に預けます。

セキュリティチェック

出発ゲートに進み、手荷物検査とボディチェックを受けます。

日本で行うより厳しめな雰囲気。

搭乗

無事出国審査が済んだら、免税店で買い物を楽しむことができます。

指定時間までに、搭乗券に記載された搭乗ゲートへ進んでください。

日本入国

書類の記入(機内)

機内で配布される「携帯品・別送品 申告書」を記入しておきます。

入国審査

日本人用の審査ブースにならび、パスポートを提示。

荷物受け取り

自分が搭乗した便名のターンテーブルで預けた荷物をピックアップします。

検疫

果物や肉類をお土産にしている場合は検疫所で検査を受けます。

グアムで販売されているビーフジャーキーなどの牛肉加工品は、日本に持ち込むことはできないので注意しましょう。

肉製品などのおみやげについて(農林水産省)

関税申告

パスポートを見せ、「携帯品・別送品 申告書」を提出。

提出後は到着ロビーへ、お疲れさまでした。

スポンサーリンク

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る