Matapang Beach Park

マパタンビーチ

マパタンビーチパーク
|

グアムのマパタンビーチパークの特徴と施設情報(行き方・トイレ・シャワー・駐車場)について解説いたします。観光客のメッカであるタモンビーチとは違い、ローカルで賑わうのがマパタンビーチ。また、シュノーケリングで有名なイパオビーチとの違いについてもお伝えします。

スポンサーリンク

マパタンビーチとは

マパタンビーチ

マパタンビーチはマパタンビーチパークの前に広がるグアムのパブリックビーチです。

マパタンビーチ

タモン湾のちょうど中央付近に位置しており、マパタンビーチパークに隣接するホリディリゾート前からフィエスタリゾート前のビーチ一帯がマタパンビーチと呼ばれる範囲となります。

マパタンビーチパークについて

マパタンビーチ

タモン湾にはライフガードが駐在する公園が2か所あり、マパタンビーチパークとイパオビーチパークがこれにあたります。

イパオビーチパークはヒルトンとPICの間に位置し、グアムのイベントや公式行事などが開催されることもある広い公園です。

一方のマパタンビーチパークは、先に述べたようにホリデイとフィエスタの間に位置しており、イパオビーチパークと比べると小ぢんまりとしています。敷地内に並べられたアウトリガーカヌーがローカル感を醸し出している公園です。

※イパオビーチパーク詳細は下記の記事にまとめてあります。

関連記事の紹介

イパオパーク(イパオビーチパーク)~グアムローカルに親しまれている公園

マパタンビーチと宿泊ホテル

マパタンビーチパークに隣接するホテルに宿泊すれば、ホテルビーチのような感覚でマパタンビーチを満喫することができます。

ホリデイリゾート&スパグアム

ホリデイリゾート&スパグアム

マパタンビーチに一番近いのが、ホリデイリゾート&スパグアムです。

ホリデイリゾート&スパグアム

ホリデイリゾートのロビーの窓から見えるのがまさにマパタンビーチパークとなります。

マパタンビーチ公園

ホリデイリゾートのホテルからマパタンビーチパークへつながる階段もあり、徒歩1分程度でビーチに出ることが可能となっています。

フィエスタリゾートグアム

フィエスタリゾートグアム

フィエスタリゾートグアムは芝生のビーチサイドを有するホテル。

ホテル前の砂浜を北側に歩いていくとマパタンビーチにつながります。すぐ隣なので、シュノーケリングしながら泳いでいくことも可能。

マパタンビーチ

フィエスタリゾートグアムのビーチチェアーを拠点にしつつ、隣のマパタンビーチでも遊ぶことができるのがメリットです。

※フィエスタリゾートグアムのビーチ詳細は下記の記事にまとめてあります。

関連記事の紹介

フィエスタリゾートグアムのプール&ビーチ解説~芝生ガーデンが魅力

マパタンビーチへの行き方

ホリデーリゾート

タモン繁華街方面からシャトルバスで向かう場合は、「ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前」で下車。タムニングやヒルトン方面からは、「ホリデーリソート向かい」で下車します。

マパタンビーチ

ホリデイリゾートと交番の間の道(駐車場)の先にマパタンビーチパークが広がっています。

ホリデイのコンビニについて

ホリデーリゾート

食料・飲料・シュノーケル用品など買い出しが必要な人は、ホリデイのロビー階にあるコンビニ「MINI MINI」を利用するとよいでしょう。

マパタンビーチパークの設備

マパタンビーチパークの施設を紹介します。

ライフガードについて

マパタンビーチ

マパタンビーチの中央にライフガードの詰め所があり、9時から18時はライフガードが常駐しています。

安全な海水浴のための立て札

マパタンビーチ

ライフガードの近くに、離岸流についての看板があるので一読しておくとよいでしょう。

離岸流は海岸付近の水中にいる人間を一気に沖に連れ去る強い流れがあり、巻き込まれる可能性があるそうです。

万一巻き込まれた場合は、流れに逆らわずに横方向に外れ、流れを感じなくなったら岸に戻るとよいと書かれていました。

更衣室・トイレ・シャワー

マパタンビーチのトイレ

敷地内に一応公衆トイレがありますが、使用に不安を感じる方(←私です)は近隣ホテルのトイレを借りたほうが無難です。また、雰囲気的には頼りないですが、トイレの壁に簡易的なシャワーがついています。

更衣室はありません。トイレで着替えることもできなくはないでしょうが、整備状況によっては厳しいかもしれません。泳ぎたい方はあらかじめ水着を仕込んでおいたほうが安心でしょう。

駐車場

マパタンビーチの駐車場

マパタンビーチパークの周囲が駐車場になっていますので、レンタカーで行くことができます。

屋根付きのベンチ

マパタンビーチ

マパタンビーチにはビーチパラソルやチェアーなどはありませんので、長く過ごしたい方はレジャーシートなどを持参するとよいでしょう。

公園内には屋根付きの休憩スペースがあるので、食事や日よけに使うことができます。

グアム動物園

グアム動物園

マパタンビーチに隣接する私有地でグアム動物園が営業中です。

入場料金は、11歳以下が8.5ドル、12歳以上が15ドルとなります。営業時間は午前10時から午後4時まで。閉園時間が少し早いので訪問される方は注意したほうがよいでしょう。

値段は微妙に高いと感じますが、暇つぶしになるのでおすすめです。

※グアム動物園の詳細は下記の記事にまとめてあります。

関連記事の紹介

タモンのグアム動物園(guam zoo)珍獣観察&ふれあい~行き方と料金

マパタンビーチの特徴

マパタンビーチ

マパタンビーチの海はタモンビーチ同様に遠浅。天気の良い日はエメラルドグリーンの美しい色を見ることができます。

マパタンビーチ

ただし、タモン湾中央という場所柄そうなってしまうのか波打ち際の藻が多く、引き潮になるとかなり目立ってきます。

マパタンビーチ

パシフィックスター前のビーチ

マパタンビーチパーク前やフェスタリゾート前、さらに南に行ったパシフィックスター前のビーチ一帯がこのような傾向にあるようです。

シュノーケリングで見られる魚

マパタンビーチ

遠浅で歩きやすい海底の場所に魚が泳いでおり、初心者向けのシュノーケリングスポットように感じます。

タモン湾随一のシュノーケリングスポットのイパオビーチと比べると、魚が集まってくるサンゴ礁自体があまり見られず、魚の出現率としては地味な印象でした。

少し奥まで泳いで丁寧に探すと、見られる魚の数も多くなってはきますが、シュノーケリングを楽しみたいならイパオビーチのほうが断然満足度が高いと思います。

※イパオビーチ詳細は下記の記事にまとめてあります。

関連記事の紹介

イパオビーチパークで最高のシュノーケリング体験を!

美しいサンセット

マパタンビーチのサンセット

マパタンビーチでは美しいサンセットを見ることができます。周囲のローカルに混じって眺めるサンセットも一興です。

最後に

マパタンビーチ

マパタンビーチは「人が少ない静かな穴場ビーチ」と紹介されていたりします。

確かに観光客は少なめなので、午前中などは比較的穏やかな雰囲気といえるかもしれません。

マパタンビーチ

ただ、私がフィエスタリゾートに5泊6日滞在して実感した印象としては、マパタンビーチはローカルが集ってくる、どちらかというとワチャワチャしたビーチのように思いました。

平日でも、夕方になるとアウトリガーカヌーのチームが練習に来ますし、犬の散歩をさせているローカルグループがはしゃいでいたりなんてことも。

ローカルな雰囲気を楽しめるなら良いのですが、穴場的な静けさを求める方は要注意かと。訪問するタイミングによっては、ゆっくり過ごす感じではないかもしれません。

マパタンビーチ

ローカルの人はマイカーで来ているので、テントやイスなどを持ち込んでいたり、ビーチアイテムが充実しています。そんな光景はマパタンビーチの北側の隣、フジタロード前に広がるフジタビーチでも確認することができました。

関連記事の紹介

グアムのフジタロード散策~ピンク壁・ファッカイ・フジタビーチが見どころ

Data

名前マパタンビーチパーク
英語名Matapang Beach Park
エリアタモン
ロケーションFrank H. Cushing Way, Tamuning, 96913 グアム
バス停ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前
営業時間24時間
料金無料
その他駐車場:あり

Map

スポンサーリンク

Keyword

Share

スポンサーリンク
ページトップへ戻る